白ロムの使い方 Wi-Fi運用とMVNO SIM運用について

公開日: : 白ロム知識

白ロム運用という方法をご存知でしょうか。
新品だと7万円や8万円ぐらいするスマートフォンですが、中古の型落ちになると4万円から時には1万円台で高性能なスマートフォンというのも出てきます。そうした安いスマートフォンを利用することで、本体代の負担を減らしたり、時には通信費も安くできてしまうのが白ロム運用のメリットです。
今回は最近流行りだしているスマートフォンの白ロム運用について、基本的な知識を紹介して行こうとおもいます。

白ロムとは

白ロムとは、契約が紐付いていないスマートフォンあるいは携帯端末のことです。
本来スマートフォンなどは、契約することで新しい機種を購入して行く形ですが、こちらの白ロムは、契約などはついてきません。
契約がついてこないということは、通信や通話の契約をおこなわないということなので、電話もネットも白ロムを購入しただけでは不可能です。
また、スマートフォンは本来ドコモショップなどの携帯ショップでの購入が普通ですが、白ロムスマートフォンは、中古販売店や専門の白ロムショップでの購入が一般的です。

こうした契約なしで購入ができるスマートフォン、それが白ロムスマートフォンです。

 

白ロムの使い方

ではこうした白ロムスマートフォンはどうやって使えばいいのでしょうか。
契約なしで購入するため、普通には電話もネットも利用できません。そのため、通常のキャリア契約以外にネットだけの契約をする必要があります。
それがWi-FiやMVNOの格安SIMです。これらのキャリア通信とは切り離された通信手段を使って、ネットや電話を行うのです。

 

Wi-Fi運用とは

Wi-Fiというのをご存知でしょうか。別の言い方をすれば無線LANというのがほぼ似たような言葉になります。
白ロムをWi-Fiで使うというのは、キャリアの通信網を使わず、別途契約している自宅の固定回線やWi-Fi専用の通信機器を販売しているところと契約し、そのWi-Fiと白ロムをつなげて通信を行います。
自宅のWi-Fiならば、ルーターがWi-Fi通信に対応していれば、パスワード等を入力すれば追加料金なしで通信ができます。
モバイルWi-Fiルーターを販売しているところ、例えばEMOBILEやWiMAXといったところでは、持ち運びやすいWi-Fiルーターを契約販売しているので、外出先でもネットを使えます。

 

MVNOのSIMとは

MVNOの格安SIMというのは一時期イオンSIMなどが有名になったことがあります。これらの格安SIMをスマートフォンに挿すと、普通のスマートフォンのように通信や電話ができます。しかも毎月の料金が、最安で500円ほど、高いプランでも1980円ほどと非常に安くなっています。
スマートフォンの通信費は高くなりがちですので、賢い消費者の方々は、こうしたMVNOの格安SIMを利用してスマートフォンでネット通信を行います。
よくガラケーとスマートフォンの2台持ちというやり方が注目されますが、その方法に最も適しているのがこの格安SIMです。メインの回線をネットを使わないガラケー運用にして、ネットを使うスマートフォンの回線を格安SIMにすることで、毎月の料金が2000円前後に抑えることができます。

MVNOのSIMを使う場合はいくつか注意点があります。
MVNOのSIMが使えるスマートフォンは、SIMフリーの主に海外で発売されているスマートフォンか、docomoから発売されているスマートフォンのみになります。SoftBankやauのスマートフォンはほんの一部のみが裏技的に使えるだけで、基本は対応していません。

 

これらの使い方が白ロムの活用方法としてメジャーな方法になるでしょう。もちろん今使っているキャリアのSIMを差し替えて使うという方法もあります。巷で安い料金でスマートフォンを運用している方の大半は、こうした白ロムスマートフォンをWi-FiやMVNOの格安SIMで行っています。このサイトではこうした白ロム運用術やお買い得な白ロムスマートフォンの紹介などをしていきますので、是非参考にしてみてください。

関連記事

白ロムスマホ(特にiPhone)の高額買取を行うショップ

今まで、白ロムを買うことばかり見てきましたが、今回の話題は白ロムを売ることについて紹介しましょう。

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

白ロムスマホ購入時の注意点 IMEIの一致、赤ロム化の確認、保証期間の把握

白ロム購入時の注意点を今回は紹介しましょう。 白ロムを購入する際に注意しているのはどういうところで

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

白ロムスマートフォン購入時に注意したい「赤ロム」の存在

時折中古の、あるいは新品のスマートフォンが信じられないような値段で売っていることがあります。 こう

記事を読む

SoftBankのスマートフォンを売る前の作業 ネットワーク利用制限を「○」にする方法

  SoftBankのスマートフォンを売ろうと思った場合、他の会社のスマートフォンと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑