白ロムスマートフォン購入時に注意したい「赤ロム」の存在

公開日: : 白ロム知識

時折中古の、あるいは新品のスマートフォンが信じられないような値段で売っていることがあります。
こうしたスマートフォンを見つけた時は掘り出し物を見つけたという気分になるとおもいます。ですが、スマートフォンの場合、こうした市場価格と比べて異常に安い物は、購入時によく調べておかないと痛い目にあって後悔する場合があります。中古のスマートフォンで異常に安い品は、ニセモノという可能性は低いものの、「赤ロム」である可能性が大きく、今後の使用に制限がつく可能性の高いものになっています。
今回は白ロムスマートフォンを購入する際に注意したい赤ロムについて解説してみたいとおもいます。

 

赤ロムとは

赤ロムとは、主に残債未払いによって、キャリア側から通信制限を受けている状態の携帯電話のことです。この赤ロムという状態になると、SIMを差してもネット通信ができなくなります(一部端末においては通信が可能)。
この赤ロム状態では、キャリアの一部サービスが利用できなくなりますし、修理などのサービスも受けられなくなります。また赤ロムだと知らずにキャリアショップへ持ち込み、修理やSIM発行などをしようとすると、赤ロム故に端末の回収措置という扱いを受ける場合もあります。
また赤ロムの種類として、盗品や紛失サービスを悪用した形で赤ロム化したスマートフォンを手にしてしまった場合、最悪刑事事件等の扱いになり、事情を聞かれたりと巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

市場に出回る赤ロムスマホ

こうした赤ロムスマホは、意外と市場に出回っていたりします。白ロム専門店では、通常赤ロムを売る事はまずありません。ですが、利用法を分かっている人向けにあえて安く売っていたりもします。また、赤ロム判定の危険性のあるスマホに対して「赤ロム永久保証」という形で、赤ロム化した際に無期限で保証をしてくれるサービスがあります。
こうした白ロムに精通したショップでは、赤ロムに対する知識と警戒心を持って扱っているので、知らずのうちに赤ロムを掴まされるということはありません。
危ないのは大手古書買取店でのスマホ買取・販売でしょう。ブックオフなででは最近気をつけているようですが、昔の買取スマホには赤ロムが混じりやすかった状況があります。
欲しかったスマートフォンが、相場よりも安くてお買い得だという時は、赤ロムかどうか確かめるために、ネットワーク利用制限がかかってないかを調べましょう。

 

Wi-Fi運用だけなら支障はない

さて、こうした赤ロムをあえて購入する方々もいます。というのも、赤ロムになったスマートフォンでも、Wi-Fi通信ならば普通にネットに接続することができます。そのため、SIMを差してキャリアのサービスを受けなくてもいいという方は、こうした赤ロムを安い値段で購入していきます。
赤ロムは通常普通の白ロムショップでは赤ロムとして売られてはいません。
赤ロムとしてスマートフォンを売っているのは、主にオークションサイトです。こうした場所では、最新のスマートフォンが赤ロムであるという理由で白ロム相場よりも安く購入できるようになっています。

 

赤ロムはWi-Fi運用であれば安く最新のスマートフォンを手に入れられることのできる状態の商品ですが、赤ロムになった原因次第では、犯罪に使われた端末としての嫌疑がかけられたりいい思いはしない端末です。修理や保証の対象外となることもありますので、あまり積極的に使うべきコンディションであるとは言えません。わかっている人以外はなるべく赤ロムには手を出さないようにしましょう。

また赤ロムを売りつけられてしまった場合は、しっかりとお店へ抗議し、返品交換の対応に応じてもらいましょう。赤ロムであることを隠したり、説明しなかった場合には、そうした対応が有効な場合があるので、しっかり対応してもらいましょう。

関連記事

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

白ロムの使い方 Wi-Fi運用とMVNO SIM運用について

白ロム運用という方法をご存知でしょうか。 新品だと7万円や8万円ぐらいするスマートフォンですが、中

記事を読む

白ロムスマホ購入時の注意点 IMEIの一致、赤ロム化の確認、保証期間の把握

白ロム購入時の注意点を今回は紹介しましょう。 白ロムを購入する際に注意しているのはどういうところで

記事を読む

白ロムスマホ(特にiPhone)の高額買取を行うショップ

今まで、白ロムを買うことばかり見てきましたが、今回の話題は白ロムを売ることについて紹介しましょう。

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

SoftBankのスマートフォンを売る前の作業 ネットワーク利用制限を「○」にする方法

  SoftBankのスマートフォンを売ろうと思った場合、他の会社のスマートフォンと

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑