AQUOS PHONE ZETA SH-06Eの白ロムスマホは安くて性能が良くてお買い得

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 オススメ白ロム

 

OCNやIIJ、BIGLOBEといった各社の意欲的なプランが揃い、話題にあふれるMVNOサービスと格安SIMですが、次の問題になってくるのが白ロムはどれを購入すればいいのか、ということです。
好きなものを選べばいい、というのは全くもってその通りなのですが、中々予算の都合でそうもいかないところです。特にMVNO SIMで利用する場合、iPhoneの場合は制限も多いため、必然的にAndroid機種を選ぶ必要があります。Androidにはご存知のように、いい機種もあれば不具合ばかりで使いづらい機種もたくさんあります。

ですので格安SIMを使うための白ロム選びも慎重に行わなければなりません。ですが、巷に溢れる白ロムも過去とは違い多種多様になっており、どれを選んだらいいかわからないと思われる方もいると思います。
なのでここでは、格安SIMを使う方向けにオススメの白ロムスマートフォンを紹介したいと思います。
こだわりのある方はそれぞれ自分の好きなスマートフォンを購入しようとするでしょうが、始めてでよくわからない、あるいはとにかく普通に使える機種を安く使いたいという方に、こちらからあえてオススメのスマートフォンを指定させてもらいたいと思います。

今回MVNOの格安SIMと一緒にオススメしたいスマートフォンとして紹介するのは、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eです。
このスマートフォンをオススメする理由は以下の3つです。

  • 安い
  • 性能がいい
  • LTEが使える

この3つになります。ここからは如何にこのスマートフォンがオススメであるかというのを紹介していきますので、よろしければ参考にしてください。

 

夏モデルなのに安い

このAQUOS PHONE ZETA SH-06Eですが、docomoの2013年夏モデルスマートフォンとして、比較的最近になって売られたスマートフォンです。docomoのツートップとしてXperiaとGALAXYがオススメされていた時期の機種ですね。
そんなつい最近のスマートフォンにも関わらず、白ロム価格はなんと3万円以下という性能の割には非常に安い価格で売られています。
別にこれは不具合が多かったり性能が悪くて評判が悪いから安く売られているというわけではありません。ツートップという特定の機種に偏重した売り方により、予想以上にSH-06Eが売れませんでした。そのため、余った在庫を売り切るために、docomoの安売り施策であるダイレクト割と呼ばれる対象機種になりました。この影響で、キャッシュバックや安売りが始まり、白ロムとして数多く市場に流れてきたのです。
現在は在庫も無くなってきたため、安売りが少なくなってきました。そのため、もうそろそろしたら白ロムの値段が上がることでしょう。今が一番の買い時となっているスマホです。

 

性能は文句なし

SH06Eの性能については、ほぼ文句のつけようがありません。初期モデルでは、タッチパネルの精度が悪いという不具合がありましたが、アップデートでほぼ解決に向かっています。
CPUにはSnapDragon600を採用しています。現時点では最上位のS800に次ぐ上位モデルのCPUです。個人的な感覚としては、AndroidがiPhoneに並んだと感じられるのは、このS600を搭載した機種からだと思ってます。このSH06EもそのS600を搭載しているため、殆ど性能や動作に関して不満を持つことは少ないはずです。

安定した動作とストレスを感じさせない性能が揃っていながら、白ロムの価格が3万円以下というのは、非常にコストパフォーマンスが高い製品であると言えます。他の同価格帯の白ロムと比較すると、はっきり言って他の白ロムが勝負になりません。殆ど反則と言えるような性能と安さを兼ね備えています。

 

LTEも使える

特徴と言うほどでは無いのですが、3万円以下と安く、性能も良い機種としては珍しくXi LTEに対応しているスマートフォンです。これまで安い機種はMVNOサービスがLTEに対応して行く中で3Gに対応しているだけの機種が多かったのですが、安い機種でもSH06EのようにLTEに対応したスマートフォンが増えてきました。

今のMVNO SIMは殆ど高速通信ができる無料のオプションがあるため、LTE対応機の白ロムならばよりMVNOサービスを活用できることでしょう。

AQUOS PHONE ZETA SH-06E docomo [White]

今現在、これほど性能が良いにも関わらず、この価格で買えるスマートフォンはSH-06E以外では存在しないでしょう。これからは白ロムに流れてくる数が減ってくるため、次第に値上がりしていくと予想されます。もし安くていい白ロムを考えている方は、今のうちにこちらを購入しておいたほうがいいかもしれません。

関連記事

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

格安SIMやdocomoで使える海外スマホLumia525が安い ・・・がWindows Phone

iPhoneやiPadに採用されているiOS、世界各国でシェアを伸ばし続け多くのメーカーの製品が登場

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

MVNOの格安SIMが使えて2万円以下の安いおすすめ白ロムスマートフォン

このサイトでもメインテーマとして扱っている携帯電話のデータ通信費を節約する方法の一つに、MVNOの格

記事を読む

GL07SはMVNO格安SIMが使える2万円以下の軽量白ロムスマートフォン

イー・モバイルから発売されたスマートフォンであるSTREAM X GL07Sの白ロム価格が2万円以下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑