GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 docomo関連, オススメ白ロム

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロムの価格が高くなってしまいがちです。やはりMVNO SIMが使えるという利点、そして海外白ロムスマートフォンにはないFOMAハイスピードに対応し、3Gに落ちても速度を維持できる快適さは、docomoから発売されたスマートフォンにしか実現できないものでしょう。
そのためdocomoから発売されたスマートフォンは人気が高く、数年前の機種ですら高額になってしまいます。そんな中で、docomoの白ロムスマートフォンとしては比較的安く、それでいて性能もいい白ロムスマホがでてくるようになりました。前回ご紹介したSH−06Eもそのうちの一つです。
今回紹介するスマートフォンも、docomoから発売された白ロムとしては比較的安く、数年前の機種といえども性能がよく操作性も良好な機種になります。

 

GALAXY Noteが19800円、動きも良く性能もミドル級

今回紹介するのは世界的なスマホメーカーの一つであるサムスンが作ったdocomo製スマートフォンのGALAXY Note SC−05Dです。こちらは5インチの大画面、しかも画面比率が16:10のHDディスプレイを搭載しています。スペック面ではCPUがデュアルコア、RAMが512MBと、今になってはミドルエンドの性能ではありますが、操作性や動作でカクついたりもたついたりはそれほどしません。
高負荷なゲームは流石に厳しくなるスペックですが、通常のウェブブラウジングなどでは不満を感じることは少ないはずです。画面が大きいので、Webサイトの文字などもとても見やすく、一度に入る情報量も多いため、快適なWeb閲覧が可能になることでしょう。
性能自体は今となっては特筆するものではありませんが、かなり安定した動きを見せてくれるスマートフォンであるため、これが19800円という2万円以下で買えるというのは、下手な無名ブランドのAndroidを2万円出して買うよりも安心できる性能かとおもいます。

 

GALAXY Note SC-05D docomo [Ceramic White]

中古価格
¥15,600から
(2014/3/19 23:36時点)

横に広いディスプレイは漫画読み用にも

このGALAXY Note SC−05Dの特徴には、その大きなディスプレイのサイズがありますが、このディスプレイはただ大きいだけではなく、横に広い16:10という比率のディスプレイという特徴があります。実はこの比率、漫画を読むのにぴったりの比率になっています。
同じGALAXY Noteでも、2のほうは縦に長く横幅が狭くなっています。そのため、5.5インチとGALAXY Noteよりも大きいサイズにもかかわらず、横幅の狭さに画像が合わされるため、漫画などの比率の画像は、Note2ではNoteよりも小さくなってしまいます。
初代Noteではこうした縦と横幅の比率が漫画サイズの画像とピッタリ合うため、縦横で切れることなく、画像を全画面表示することができます。
持ち歩きやすく、それでいて大画面でWebや漫画などのコンテンツを楽しみたいという方には、安くてちょうどいいサイズのスマートフォンであるといえます。

 

買うならAndroid2.3のモデルを

このGALAXY Note SC−05Dですが、発売時はAndroid 2.3であるものの、Android 4.0のアップデートが配信されており、OSのアップグレード対応がされています。
ですが、このAndroid 4.0のアップデートが若干地雷のアップグレードになっているので注意しなければいけません。
これまで使っていた内容を初期化してアップデートしたモデルは比較的良く動くようですが、アプリなどが入った状態でアップデートしてしまった機種は、動きが物凄くモッサリとしてしまい、単純なスクロールもカクカクしてしまう仕様になっています。そのため、中古のGALAXY Noteのうち、Android 4.0のモデルのものは、このカクカクモッサリな動きに嫌気がさして売られていった可能性が高いです。このアップデートの被害者は結構な人数がいるようで、GALAXY Noteの白ロムで新品ではなく中古を買おうとする場合は、Android 4.0のモデルを購入してしまうと不幸になってしまう確率が高いです。
ですので、白ロムを買う場合は、アップデート前のAndroid 2.3のモデルを確認して購入するようにしましょう。

 

安い白ロムの中でも特に珍しいサイズのスマートフォンになるので、この大画面を活かした使い方を想定している方には、とてもお買い得なスマートフォンになるかと思います。もちろんdocomoのスマートフォンなので、OCNやIIJやBIGLOBEといったMVNOの格安SIMもLTE通信込みで使うことができます。

関連記事

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

格安SIMやdocomoで使える海外スマホLumia525が安い ・・・がWindows Phone

iPhoneやiPadに採用されているiOS、世界各国でシェアを伸ばし続け多くのメーカーの製品が登場

記事を読む

docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店で

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

Android4.2にアップデートしたARROWS X F-10Dが不具合も解消されて普通に使えるスマートフォンに劇的進化

ARROWS X F-10Dがdocomoから発売されてもうすぐ2年という月日が経とうとしています。

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑