HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 au関連, オススメ白ロム

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台前半にまでなりました。
5インチフルHDと高細微な液晶ディスプレイを持ちながら、軽くて負担にならない重さで全体的に美しさが目立つスマートフォンの一つです。クアルコムのクアッドコアCPUを搭載し、5インチフルHDの液晶ディスプレイ、RAMも2GBと非常に高性能な内容になっています。
今回はこのスマートフォンがようやく安くなってきたので紹介したいとおもいます。

 

ようやく2万円台に

HTC J butterfly HTL21はこれまで非常に人気が高く、白ロム価格が中々下がらないという現象が起きていました。というのも、HTL21は中国圏で人気があり、日本で売られた白ロムが中国へ高値で輸出されるという状況になっていました。そのため、新品状態でのHTL21の買取価格は一時4万円を超えるもので、発売半年以上経っても白ロムの価格や買取額が下がらない状態でした。
それが、後継となるHTCの機種、HTC J One HTL22が投げ売りされたことで、ようやくHTL21の白ロム価格も下がってきました。HTL21の中国需要が、HTL22の投げ売りによって置き換わったようです。そのおかげで日本におけるHTL21の白ロム価格も、発売から1年経過してようやく安く売られるようになりました。

12月現在の白ロム価格では、新品ならば2万7000円前後、中古ならば19800円前後で売られるほどになっています。状態のいい中古品ならば、かなりお買い得くと言っていい価格なのではないでしょうか。

 

性能はいいが、決して万能ではない

肝心のスマートフォンの性能としては、2万円台で購入できる白ロムスマートフォンの中ではトップレベルのものを有しています。
Snapdragon S4 ProというCPUは、2世代ぐらい前のCPUではあるものの、基本的な動作はもちろん高負荷のかかった動作でも問題無く処理してくれます。
ただし、問題があるとすれば、フルHDという高画質なディスプレイが影響しているせいで、たまに処理が遅れたりカクつくところが見えます。この辺り次のS600やS800といったCPUでは問題ないのですが、HTL21が採用しているCPUではまだ所々荒が見えてしまいます。といっても、スクロール全体がカクカクしたり、常に処理が遅いというものではありません。こうした問題は表示性能が良すぎるゆえのしょうがないレベルの動きです。カクつきも、ストレスを感じさせるようなものではないので、普通に使う分では許容範囲になるとおもいます。

 

Wi-Fi運用はもちろんメインのau回線にも

このHTL21、auのスマートフォンであるため基本的にはWi-Fi運用がメインとなります。ですが、非常に性能も良くデザイン性も備えているため、au回線がメインの回線の方はこれにSIMを差して使ってもいいとおもいます。LTEの高速通信をダイレクトに体感できるので非常に快適なモバイル環境を作ることができるとおもいます。

HTC J butterfly HTL21 au [レッド]


 

新品ならば2万円台、中古ならば1万円台にまで落ちてきた人気スマートフォンのHTC J butterfly HTL21。これ以上の値下がりが起きると、先ほどのように中国からの需要が再び増えてしまうと思うので、この辺りの価格がしばらくは白ロム価格の適性となることでしょう。液晶の美しさやフォルムの美しさは所有欲を満たせてくれるものになっているので、もし予算の都合が合えばWi-Fi運用のスマートフォンとしては最もオススメしたい白ロムの1つです。

関連記事

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが、一時期に比べてとても安くなっ

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

GL07SはMVNO格安SIMが使える2万円以下の軽量白ロムスマートフォン

イー・モバイルから発売されたスマートフォンであるSTREAM X GL07Sの白ロム価格が2万円以下

記事を読む

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑