MVNO SIMの大本命!OCN モバイルONEは最もオススメしたい格安SIMの1つ

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 MVNOサービス

数多くのMVNO SIMサービスが増えています。格安SIMサービスもどんどん競争が熾烈になっており、そのサービスの内容も細かな違いばかりが増えているようになってきます。消費者には中々メリットをどこに見出せばいいのかわからないということも多いとおもいますので、今回はそれぞれのMVNO SIMの特徴を紹介したいとおもいます。
今回はOCNから発売されているモバイルOneの特徴を紹介したいと思います。

OCN モバイルOneは、現在数多くのMVNO SIMサービスがひしめく中で、1、2の人気を誇るMVNOサービスと言っていい商品です。これまで長らくMVNOサービスは日本通信のイオンSIMなどを中心にその存在を語られることが多かったのですが、ここ1年ほどでサービス事業者が激増、とても流動性の高い市場になってきています。その中でも評価を高め、ネット上での評判も利用者数も右肩上がりなのが、このOCNモバイルOneです。

 

日ごとの通信量

OCNモバイルOneが人気になった理由の一つに、他社のMVNO事業者にはない独特なプランを用意していることです。
それが、日毎に通信量が決められているというところです。
最近のMVNOサービスは、980円からの格安プランでも、高速通信が可能な通信量を500MB〜1GBぐらいまで用意しています。そのどれもが、月毎に通信量が決まっているタイプです。毎月1GBまでの通信量だったらLTEの高速通信が可能、というプランですね。
これがOCNモバイルOneでは、珍しい日毎に通信量が定められています。980円のプランでは、1日30MBまでならLTEの高速通信が可能で、超過すると200kbpsに通信速度が制限されるというものです。一日毎なので、例え通信速度制限にひっかかったとしても、次の日にはまた高速通信が30MBまで利用可能というプランが用意されています。

これまで他の事業者が用意していた月毎の通信量割り振りでは、月初に使いすぎたりしてしまうと、月末まで通信量に気を使いながら利用したり、速度制限がかかってしまったら、その速度で月が変わるまでの数日間を過ごさなければいけないというものでした。
ですが、OCNモバイルONEの日毎の通信量割り振りになると、月末まで通信量を気にかけることなく毎日使い続けることができ、速度制限がかかっても、一日我慢すればそれで済むという気分的に楽ができる仕組みになっています。

 

60MB/日というプランも

日に30MBというのは動画などを見なければ一日の通信量としては十分なものかとおもいます。よほどヘビーな使い方をしなければ速度制限に引っかかるということはまずないでしょう。

 

SMS対応

このOCNモバイルOneは、SMSに対応しています。これまではIIJ等しか対応しているMVVNOサービス事業者はいなかったですが、ここにきてOCNもついに対応し出しました。
SMSに対応すると何が変わるのか。それはスマートフォンの電池持ちが良くなります。
MVNOのサービスには、これまでセルスタンバイ問題と呼ばれる、スマートフォンのバッテリーが減りやすくなってしまう問題がありました。それを解決するには、SMSに対応させることが必要だったのですが、それに対応した事業者が少なかったのがこれまでの状況です。ようやくIIjやOCNが対応したことで、こうした電池持ちが悪くなる問題が解決しはじめました。

 

追加SIM

こちらもかなり高評価なサービスです。なんと今契約しているプランに472円を足すだけで、データ通信をシェアできる追加のSIMカードがもらえます。
そろそろスマートフォンが1台だけという方も少なくなっており、2台・3台と複数のスマートフォンや通信端末を所有する人も多くなってきました。そういった方々には、このデータ通信量をシェアできて、SIMを複数持ちできるというサービスは、理想的な内容になるのではないでしょうか。
スマートフォンだけでなく、タブレット等にもSIMを入れることができ、モバイルライフとより活用できる環境を作れることでしょう。

「OCN モバイル ONE」

OCNモバイルONE利用者の体験談

OCNのSIMサービスは、手軽なのが一番のメリットだと思います。実際私も月額の安さにつられて、とりあえず利用してみるかといった感じで選んでみたのが始まりでした。
よく説明を読まなかったので、実際利用するまではちょっと苦戦しましたね。私が使用していたスマホは旦那さんが買ってきてくれたSIMフリーという種類のiphoneだったのですが、ネットで特に設定が面倒だという情報を見てかなり後悔しました。結局説明を見ながら操作をして何とか事なきを得ましたが、こういうところが特に有名どころのキャリアじゃないと厄介だなと感じます。
使い出してみると思っていた以上に快適でよかったですね。通信制限による弊害で、動画をどんどん見られないのは残念だなとは思いつつ、ある程度契約時に覚悟していたことだったのでそれほど大きなデメリットには感じませんでした。外出先でちょっとネットサーフィンをしたりする分には全く問題ない範囲ですし、比較的高速通信という利点は存分に味わえると思います。
私は複数台で利用する予定はなかったので、機能を試すだけ試して他のサービスに浮気してしまいましたが、同時利用したい人はデメリットよりもメリットが大きくお得に使えると思います。

 

ドコモ回線を利用するOCNの格安SIMを愛用しています。
私は海外で仕事をしているので、日本に帰るのは月に10日ほど。ほとんど携帯電話の料金というものが無駄になっていました。
そこで節約のために格安SIMを使ってみました。海外のスマートフォンでも、少し設定するだけで普通に使えるのは助かりましたね。
自宅のネット兼用のモバイルルーターを持っているので、携帯でデータ通信するのも月に1GBもあれば容量は十分です。
以前の浪費が悔やまれますが、OCNの月額900円のデータプランを使っている今は、通話もデータ通信も快適に行えていますので、念の為に持っているドコモのガラケーとの2台持ちで快適な携帯ライフを送れています。
月額の維持費は大体3千円前後。
以前の1万円台が嘘のように節約ができています。

 

最近OCNモバイルoneを契約し、使用しているのですが、最初に結論を記述しますと、特に目立った不自由がなく比較的得した気分です。
契約時に迷ったのは、格安SIMにする事により、速度低下や、思わぬ通信障害に巻き込まれる事でしたが、使用開始して2ヶ月立つ現在でも特に影響は何も出ていない状態です。
強いて言えばですが、携帯が熱くなり易くなった気がする事と、以前に比べてブラウザがたまにカクカクしている気がします。
いずれも余り気にならない範囲ではあるのですが、格安SIMに変えてから顕著になってきたので、そこは少し心配です。
ちなみに、選んだプランですが、株価をリアルタイムで見る事が多いため、月額1800円のプランを選択しました。
尚、実行速度ですが、大体下りで4NB程度の速度が出ています。携帯回線なら十分でしょう。昔はADSLでもこれより遅かったですから。
動画も見ようと思えば見れますが、容量がきついのでそれはやっぱり避けてます。

 

現在MVNOサービスはほとんど料金プランにおける代わり映えがしなくなってしまい、比較することが難しくなっていますが、このOCNモバイルOneは独特な料金プランの立ち上げや、様々な要望に応えたサービスを揃えるなど、MVNO事業者の中では群を抜いてその存在感を高めています。
もしもこれからMVNOサービスを利用したいと考えている方は、ぜひこのOCNモバイルOneを契約サービスの1つとして候補に入れてみてください。

関連記事

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

業界最強コスパの格安SIM「U-mobile*d」 1GBで680円も料金プランには罠アリで要注意

今や安くスマートフォンでインターネットをするのに定番となり始めているMVNOの格安SIM。 多くの

記事を読む

OCNモバイルONEが050plus&OCN光回線との連動キャンペーンを開始

OCNモバイルONEが格安SIM界での競争力を上げるために、関連サービスとの連動キャンペーンを開始す

記事を読む

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

日本通信がIIJとOCNへの対抗プラン「プランI」、「プランN」を発表

日本通信(b−mobile)が、新しいMVNOサービスを開始するようです。 日本通信といえば、MV

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

楽天LTEが月1000円以下で1GBまでの通信容量を実現!格安SIMの競争に殴りこみ

5つのプランが選択できて、docomoの通信網に対応したMVNOサービスの一つ「楽天LTE」が、この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑