SoftBankのスマートフォンを売る前の作業 ネットワーク利用制限を「○」にする方法

公開日: : SoftBank関連, 白ロム知識

 

SoftBankのスマートフォンを売ろうと思った場合、他の会社のスマートフォンと違い、一手間かかる仕様になっています。
docomoやauの場合ですと、ネットワーク利用制限は一括購入した場合は、時間は多少かかるもののしばらく待てばネットワーク利用制限の判定が「○」に切り替わります。ですので、docomoやauのスマートフォンを売却する時は、一括で購入していれば特に特別な作業もなく売ることが出来ます。
ところが、SoftBankの携帯電話・スマートフォンの場合は、例え一括購入をしたとしても、そのままの契約状況ですとどれだけ待ってもネットワーク利用制限の判定は「○」にはなりません。

今回はこのSoftBankのネットワーク利用制限の判定を「○」にするために必要な作業について紹介してみたいとおもいます。

 

今、ほとんどの白ロムスマートフォン買取店は、SoftBankのスマートフォンを買い取る際に、ネットワーク利用制限が「○」でないと買い取ってくれません。ネットワーク利用制限がかかると、SIMを刺した場合に通話やネット通信が出来なくなりますし、修理をしたりしようとSoftBankショップへ預けると、ネットワーク利用制限の状態によっては、端末を回収されてしまうことがあります。
こうしたリスクを避けるために、白ロム買取店では、ネットワーク利用制限が「○」になっていないと買い取ってくれません。

ではどうすればSoftBankの携帯電話のネットワーク利用制限を「○」判定にすることができるのでしょうか。
SoftBankのネットワーク利用制限の判定は、ただ時間が経過すれば自然と「○」の状態になるわけではありません。
SoftBankのネットワーク利用制限を解除する方法は以下のようなものです。

  • 安心保証サポートを解約する
  • 機種変更する
  • 解約する

実はSoftBankの携帯電話における、ネットワーク利用制限の効き目は、安心保証サポートの有無によって異なります。携帯電話を購入した回線に、あんしん保証サポートがついたままだと、一括購入してどんなに時間が経った状態でも、ネットワーク利用制限は解除されません。逆に、あんしん保証サポートを解約してしまえば、修理等が有償になるリスクはあっても、ネットワーク利用制限をすぐに「○」の状態にできて、スマートフォンを売却できます。
これと同じ要領で、機種変更することで安心保証サポートを新しく買った機種に付け替えることで、古い機種のあんしん保証サポートを破棄、ネットワーク利用制限を解除することもできます。解約でも同様の考えで、ネットワーク利用制限は「○」判定になります。

 

このように、SoftBankのネットワーク利用制限はあんしん保証サービスと共に紐付けられています。ですので、docomoやauとは違い、このサービスを解約しない限りはネットワーク利用制限の判定は「△」の状態のままです。
あんしん保証サービスはMy SoftBankからか、あるいは157のサポートから電話で解約することができます。SoftBankの携帯電話やスマートフォンを売却予定の方は、この作業をしてからじゃないと白ロムとして売却できませんので、ご注意ください。

関連記事

白ロムスマホ(特にiPhone)の高額買取を行うショップ

今まで、白ロムを買うことばかり見てきましたが、今回の話題は白ロムを売ることについて紹介しましょう。

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

白ロムスマホ購入時の注意点 IMEIの一致、赤ロム化の確認、保証期間の把握

白ロム購入時の注意点を今回は紹介しましょう。 白ロムを購入する際に注意しているのはどういうところで

記事を読む

白ロムスマートフォン購入時に注意したい「赤ロム」の存在

時折中古の、あるいは新品のスマートフォンが信じられないような値段で売っていることがあります。 こう

記事を読む

白ロムの使い方 Wi-Fi運用とMVNO SIM運用について

白ロム運用という方法をご存知でしょうか。 新品だと7万円や8万円ぐらいするスマートフォンですが、中

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑