Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 au関連, オススメ白ロム

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっています。この原因は、auのスマートフォンの場合、docomoとは対応する周波数が異なるゆえに、MVNOの格安SIMが使えないというdocomoのスマホと比べると明確な欠点があるからです。
ですので、auのスマートフォンの白ロムで通信する場合は、auと契約してあるSIMカードか、Wi-Fiルーターを利用したWi-Fi運用という選択肢になってきます。MVNOの格安SIMが使えないのはdocomoのスマートフォンと比べるとデメリットにはなってしまいますが、もしWi-Fiルーターを持ち歩く事に不便さを感じないようであれば、auの白ロムスマートフォンは安くて高性能な機種が揃っているため、とてもコストパフォーマンスがいい内容になっています。

今回はそんなauの白ロムスマートフォンの中から、安くて性能のいいスマートフォンの機種を紹介したいとおもいます。
Wi-Fi運用ならばどれも満足いく機種だと思いますので、Wi-Fi運用スマホを検討中の方はぜひこれらの機種を使ってみてください。

 

Xperia VL SOL21

docomoの場合、MVNOのSIMが使えるという事で、ブランドイメージと合間って中々安くならないXperiaシリーズも、auのXperiaならかなり安く売られています。
Xperia VL SOL21はそんなXperiaシリーズの中では、比較的最新のモデルに近く、さらには性能も結構いいスペックを持っているスマートフォンです。現在このスマートフォンの白ロムが、Xperiaシリーズにしてはその性能と比較すると破格な2万円以下で買える状態です。
MVNO SIMこそ使えませんが、Wi-Fi運用においては性能も十分で価格も安めなのでとてもオトクな白ロムスマートフォンかとおもいます。

Xperia VLは、2012年末に発売されたauのLTE対応スマートフォンの第一弾となるモデルです。
コンパクトなサイズにアーク上の背面加工、重いアプリケーションへの対応は不得意ではあるものの、RAM自身は1GB積んでいるので、最新のゲームアプリ以外は十分対応可能でしょう。CPUもデュアルコアながら動きは滑らかさをもったものですので、操作性にストレスは感じないかと思われます。
問題点としては、オサイフケータイなどを使うと再起動が頻発する不具合が報じられているところです。アップデートで対応はされていますが、アップデート後も再起動ループの報告がされているので、完璧な修正とはなっていないようです。Wi-Fi運用の場合はオサイフケータイを使う事がないと思うので、心配はそれ程ないのですが、こうした不具合がある事だけは覚悟した上で購入した方がいいでしょう。

持ちやすいサイズで薄さもあるため、大画面スマートフォンが苦手な方でも扱いやすいスマートフォンになるかとおもいます。

Xperia VL SOL21 au [ブルー]

 

ARROWS ef FJL21

ARROWSというと、不具合の多い地雷スマートフォンというイメージが多くあるとおもいます。
実際にdocomoやauで発売されたARROWSシリーズは、その多くが不具合や再起動問題、電池持ちの悪さが多く伝えられています。
そんなARROWSシリーズの中でも、いい機種はそこそこ混ざっています。docomoから発売されたF04Eや今回紹介するARROWS ef FJL21です。

FJL21はARROWSシリーズの中では非常に安定したスマートフォンになります。一応不具合も報告されていますが、その不具合も通話に関する不具合なので、Wi-Fi運用する場合はほとんど気にならないレベルの内容です。
4.3インチとコンパクトで持ちやすいサイズです。液晶画面はHD画質ですがその分電池持ちがよくなっています。1GBのRAM、CPUもデュアルコアと、スペック的には決して高いものではありませんが、普通にネットを見て使う分には全く困らないものと感じます。

au () ARROWS ef FJL21 ソリッド ブラック


 

AQUOS PHONE SERIE SHL21

SHARPから発売されたau向けのLTE機種です。こちらの機種も白ロム価格が2万円を切っているため、Wi-Fi運用をするには非常に適したスマートフォンになるかとおもいます。
こちらも先の2機種とあまり性能は変わりませんが、不具合などの報告は少なめです。そのため非常に扱いやすい白ロムスマートフォンにはなるのですが、その反面白ロム価格が他の2機種と比べると高くなっています。
性能的にもサイズ的にもそれほど特筆する事はない機種ですが、2万円以下で買えるWi-Fi運用用スマートフォンの白ロムとしては充分に満足できるスマートフォンかとおもいます。

難点は他の2機種と比べて、ぽっちゃりした外観とそのデザインぐらいでしょうか。

au SHL21 AQUOS PHONE SERIE マットブラック白ロム

 

特にMVNO SIMを差して通信することにこだわりがなく、WiMAXルーターやEMOBILEのルーターを別途用意できているというのであれば、docomoの白ロムスマートフォンよりも圧倒的にお買い得なこれらの白ロムスマートフォンを購入すると、お買い得な価格でdocomoの白ロムスマートフォンよりも性能のいいスマートフォンを手に入れることができるでしょう。

関連記事

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

auから発売されているスマートフォンは、基本的にau回線かWi-Fiでしか使えません。 docom

記事を読む

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

「Xperia M」は2万円で買えてMVNOのSIMにも対応する激安Xperia

日本で人気の高いSONYのスマートフォン「Xperia」シリーズ。 実はこのXperiaシリーズ、

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

Wi-Fi運用に最適な白ロムスマホ「203SH」 クアッドコアなのに1万円と破格でオススメ

今、SoftBankのあるスマートフォンが白ロム市場で大きな賑わいを見せています。2013年に発売さ

記事を読む

ソニーの「ファブレット」Xperia Z Ultraが安い!ついに4万円台突入!

  6.44インチという大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度、最新の高性能CP

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑