WiMAX回線でネットゲームやFPSは出来るかどうかを実体験から

公開日: : WiMAX

利用制限のかかる通信量が無く、どんなに通信をしても速度制限がされない(ことになっている)WiMAX。
利用制限が無いということで、自宅の固定回線代わりにできるということで評価が高まったサービスだ。WiMAXが展開してすでに3年近く経っているため、自宅回線として運用している人は実際に増えているのではないだろうか。
このWiMAX、これからWiMAX2が展開していくことで話題になっているが、WiMAX2では通信量によって速度制限が発生するため、あえて今契約する方でもWiMAXを選ぶ人がいます。WiMAX2が開始しても、まだまだWiMAXの価値は大きいようです。
自宅の固定回線として利用していく使い方の中で、ネットの使い方の一つであるネットゲームで使えるか、という疑問をWiMAX検討中の方が抱くことが多いようです。普通にネットをする上では、平均して20MBぐらいの速度は出るので問題はありませんが、無線通信ゆえにネットゲームなどのリアルタイム性の強い作業にはいくらかのラグが出ます。この辺り、実際にWiMAXネットゲーム、特にFPSでどれほど使い物になるのかをレビューしたいと思います。一人暮らしでWiMAXを検討したり、通信費節約用に検討したりしている家庭の方は参考にしてみてください。

 

WiMAX環境

まずはWiMAXでFPSゲームをしている環境を紹介します。
・ルーターはHomeルーター
・接続会社はBic WiMAX
ルーターはHomeルーターと呼ばれる、家に置いておくタイプのルーターを使っています。これにモバイル用の小型ルーターをプラスWiMAXで追加させて、外出用と家用で使っています。
接続会社は純正のWiMAXではなく、MVNOとなるBicWiMAXです。こちらは1年間の契約縛りになります。毎月山ほど動画を見たりしていますが、宣伝通り通信制限になることはありません。窓際にルーターを置いているため、通信速度は平均して20MBほど出ています。
こうした環境でFPSをしたらどうなるかをこれから書いていきます。

 

問題無く動けるレベル

WiMAXの最大の弱点は、pingの高さです。自分の環境では大体ping値は国内のサーバーで100ぐらいです。このpingというのは、FPSなどのネットゲームにおいては、ラグに直結する数字になります。
ADSLが60〜80ぐらいのping値ですので、それを考えると高めと言えるでしょう。ですが、基本的にこの数字が高くても、データの受け渡し自体はスムーズに行われているため、ゲーム内では問題無く動けるレベルです。
「ラグい」動きを感じることはほとんどありません。ですので、移動における問題などは自分も敵もラグを感じることの無いと言えます。

 

正面からの打ち合いは理不尽な結果になること多し

さて、動作に問題はなくても、肝心の打ち合いではどうなのでしょうか。
とりあえず、標準をしっかり敵にあわせて撃てば、大体の弾は当たります。高速移動している対象に対しては、少し当たりにくさを感じてはしまうレベルですが、普通の歩兵系の敵には標準さえ合えば8割ぐらいは当たるでしょう。
ただ、正面から敵とかちあった時は、撃ち負けることが良くあります。自分の中では倒せるレベルの弾数を当てていた感覚でも、キルカメや相手の体力状況を見ると、ping値の高さによるラグで充分に当たらないと言えます。

 

立ち回りの工夫や割り切りが必要

ですので、CoDのような狭いマップで何度も敵と撃ち合うようなゲームだと、確実に負ける確率は固定回線よりも上がります。逆にBFのような立ち回りや相手を倒すこと以外にも役割のあるゲームならば充分に活躍することが出来るでしょう。
敵を倒す快感は正直WiMAXの回線では味わえませんが、サポート役として活きる道があるゲームならば充分に楽しめると思います。また、勝敗にこだわる人はWiMAX回線は向きません。倒されてもいいからゲーム自体を楽しみたいというある種の割り切りのある楽しみ方を選べる人なら、WiMAXでも充分に満足できると思います。

 

息抜きレベルで楽しむゲーマーには安くて遊べる回線

WiMAXはその安さに比べて回線の速度や契約内容が簡単であるというところにその魅力があると思います。
通信費の節約や光を引ける環境に無いという方には、速度も出て安く済ませれるということでWiMAXはオススメです。
そうしたWiMAX回線ではネットゲームも充分に楽しめるものですが、FPSなどのレスポンスの速さが求められるゲームでは割り切った感覚で遊ばないと、やはり反応面ではストレスを感じてしまうでしょう。あくまでゲームは息抜きレベルで楽しもうという方にはWiMAX回線でのFPSは問題無く遊べますが、本気で勝ち負けを気にする方にはストレスが高くなるため、光回線を引くことをオススメします。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑