ソニーの「ファブレット」Xperia Z Ultraが安い!ついに4万円台突入!

公開日: : docomo関連, オススメ白ロム

 

6.44インチという大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度、最新の高性能CPU Snapdragon800、RAMも2GBという容量、防水・防塵というハイスペックと呼べるとっておきの性能を持ったソニーのファブレット端末、Xperia Z Ultraの白ロムが発売当初の7万円越えしていた価格から、ついに4万円台という驚きの安さに落ちてきました。
海外スマートフォン販売の大手、エクスパンシズでLTEモデルでさえも5万円を割って販売されています。
別段不具合や不評がある機種ではないのですが、やはりその大きさに普通の人は驚いてしまうのでしょうか、予想以上に早い値下がりとなってしまっているようです。

 

このファブレット、私も購入しましたが7インチタブレットに比べると横幅が狭くスマートフォン寄りであり、非常に軽くて薄い端末になっています。普通のスマートフォンのように使うには大きすぎるでしょうが、タブレット型の端末としては、その軽さと幅の感覚はポケットにも入る大きさですので、非常に持ち運びのしやすい機種になっています。
SIMフリー端末であるため、docomoの契約SIM、あるいはdocomoのMVNO SIMが使えます。日本では今後、Wi-Fiモデルとauから発売される予定のモデルが登場しますが、そのどちらもMVNOの格安SIMは正攻法では使えなくなっています。もしも格安SIMを使って通信をしたい場合は、日本で発売されるモデルよりもこちらの海外モデルを購入したほうがいいでしょう。
5万円以下というのはおそらく日本で販売する価格よりも安くなるでしょう。現時点でもかなりお買い得な価格になっていると言えます。

S800という最新のCPUを使っていることで、非常に快適な動きを実現しています。高画質な動画や高負荷なゲームでも問題なく動かせるでしょう。特にゲームでは、大画面かつ長時間持っていても負担にならない重さなため、非常に適している用途であるとおもいます。
ベゼルも縦以外は7インチタブレットとは比較にならない狭さでコンパクトですので、様々な用途に適したデバイスです。
ぜひともこの機会にこのXperia Z Ultraの白ロムを購入してみてください。

関連記事

AQUOS PHONE ZETA SH-06Eの白ロムスマホは安くて性能が良くてお買い得

  OCNやIIJ、BIGLOBEといった各社の意欲的なプランが揃い、話題にあふれる

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

格安SIMやdocomoで使える海外スマホLumia525が安い ・・・がWindows Phone

iPhoneやiPadに採用されているiOS、世界各国でシェアを伸ばし続け多くのメーカーの製品が登場

記事を読む

Android4.2にアップデートしたARROWS X F-10Dが不具合も解消されて普通に使えるスマートフォンに劇的進化

ARROWS X F-10Dがdocomoから発売されてもうすぐ2年という月日が経とうとしています。

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

Wi-Fi STATION L-02FはMR03LNと双璧をなす最新高機能Wi-Fiルーター SIMロック解除をすればauやSoftBankのLTEへ接続可能

docomoから発売されているLG製モバイルWi-FiルーターL-02F。 docomoおよびMV

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

Optimus G L-01E、Optimus LIFE L-02Eは低価格ながら不具合の少ない格安SIM向け白ロムスマートフォン

MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンの中で、比較的不具合が少なくて、それでいて性能の良さと 白

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑