「 月別アーカイブ:2014年01月 」 一覧

業界最強コスパの格安SIM「U-mobile*d」 1GBで680円も料金プランには罠アリで要注意

2014/01/19 | MVNOサービス

今や安くスマートフォンでインターネットをするのに定番となり始めているMVNOの格安SIM。 多くの事業者が参加し、その価格競争は熾烈を極めています。 通常の携帯キャリアと異なり、価格が横並びになる

続きを見る

「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

2014/01/10 | MVNOサービス

数あるMVNOサービスが出てきている中で、サービス面や回線の安定感などを含めた品質面において、その存在感を示し始めた事業者があります。 それはIIJとOCNです。 この2社はこれまで代表的であった

続きを見る

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhone 5c。日本においては発売当初から人気が出ず、早い段階で0円売りをしており、キャッシュバックがつい

続きを見る

Android4.2にアップデートしたARROWS X F-10Dが不具合も解消されて普通に使えるスマートフォンに劇的進化

2014/01/06 | docomo関連

ARROWS X F-10Dがdocomoから発売されてもうすぐ2年という月日が経とうとしています。 このARROWS X F-10Dは、前身のF-05D同様にスマートフォン界では悪名高いスマートフ

続きを見る

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

2014/01/03 | MVNOサービス

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が安くなるにも関わらず、速度やサービスはどんどん充実していく内容になっています。価格競争が失われ始めた

続きを見る

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑