格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

公開日: : MVNOサービス

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が安くなるにも関わらず、速度やサービスはどんどん充実していく内容になっています。価格競争が失われ始めたMNOのキャリアとは異なり、通信料金や通信サービスの質で勝負をしているMVNO事業者たちは、今最も注目すべきモバイル業界の動きと呼べるでしょう。
競争が激化し始めているこのMVNOの格安SIMサービスの中で、今回は家電量販店を展開していることで馴染みのある、ビックカメラが開始した格安SIM「BIC SIM」についてその魅力を紹介して行きたいと思います。

BIC SIMはこれまでの格安SIMには見られない特徴的なサービスを始めており、利用方法によってはこのBIC SIMが格安SIMにおけるファーストチョイスになるという方もいるかとおもいますので、その辺り料金プランと合わせて見て行きましょう。

 

元々の回線はIIJmioベース

このBIC SIMですが、元々の回線についてはIIJmioが展開しているMVNO回線を借りている形になります。ビックカメラがdocomoから帯域を借りているというわけではなく、docomoから帯域を借りているIIJのサービスに、独自に特典をつけて販売しているのがBIC SIMになります。
ですので、回線品質などはIIJベースでIIJ側の品質管理に依存しているのがBIC SIMです。IIJについては、現在はOCNと同じくらいの高い回線品質を維持する事業者ですので、IIJベースの回線ということには全く心配いらない、むしろ安心して使えるのがBIC SIMになるかと思います。

 

料金プランは945円から

料金プランも基本的にIIJと同じ料金設定になります。
料金プランは基本的なプランが2種類、ファミリーシェアプランと呼ばれる複数SIMが使える特殊なプランが1種類の合計3種類です。

945円で500MB/月

スタンダードなプランとして用意されているプランとしては、945円で使えて無料の高速通信オプション容量が月に500MB貰えるプランがあります。いわゆる980円前後の各種MVNOサービスのメインプランとなる格安SIMサービスの中では容量的に見劣りはするものの、速度制限後は200kbpsと比較的速めな速度での通信が可能など配慮されています。

1596円で2GB/月

IIJ系のメインプランとでも呼べる、非常にお得なプランの一つです。
2GBもの無料の高速通信オプション容量が使えるにも関わらず、月額で1596円しかかからないというのは、MVNOの中でもかなり安い価格設定になっているかと思います。2GBあればほとんど1ヶ月はデータ通信量を気にしなくてもいいレベルになるかとおもいますので、このプランはかなりコストパフォーマンスのいいオススメのプランと言えます。

 

BIC SIMならWi2 300がついてくる

こうした料金プランは、IIJmioのMVNOサービスとほとんど変わりません。BIC SIMの最大の特徴は、こうしたIIJと同じ魅力的なプランを揃えながら、独自に特典をつけているところです。
その特典というのは、公衆無線LANへの無料接続です。
公衆無線LANサービスを展開しているWi2 300というWi-Fiスポット接続サービスを無料で使うことができます。
Wi-Fiスポットが無料で使えるという特典は非常に大きな特典になることでしょう。Wi-Fiで接続した場合の通信量は、高速通信オプション容量の対象外ですので、どれだけ通信しても規制はかかりません。速度がある程度高速で通信できるWi-Fiに無料接続でき、速度制限に気にしなくていい通信が可能というのは、アプリの大量ダウンロードなどの時に役立つでしょう。
Wi2のサービスを展開しているところは都市部に集中しているため、利用できる場所は限られているものの、外出先での通信について通信量を気にしなくていいというのは大きいはずです。945円のプランにおける高速通信オプション容量が500MBというのは頼りない気もしますが、こうしたWi-Fiスポットを外出先で利用できる特典があるため、通信の一部をこちらに回すことで通信量の超過を防ぐことが出来るでしょう。

 

アプリで高速と低速が切り替えられる

Wi-Fiによる通信で高速通信オプション容量を使うことなく通信が出来るという方法の他にも、BIC SIMは高速通信オプション容量を使う場面をアプリで切り替えられるという特徴を持っています。
専用のアプリで通信速度の高速化をオンオフできるため、Wi-Fiスポットと合わせることで高速通信オプション容量の節約が可能になってきます。

 

プラン、特に2GB/月のプランでは特にそのコストパフォーマンスの良さが目立っており、BIC SIM特有の無料公衆無線LANサービスと合わせると利用できる通信環境に比べた利用料金の安さが特に目立っているのを感じられると思います。バックボーンにIIJの回線を使っているということで、その回線品質も信頼のおけるサービスと言えますので、Wi2 300が展開している場所を頻繁に訪れるという生活をしている場合は、オススメしたいMVNO格安SIMサービスと言えます。

関連記事

MVNO SIMの大本命!OCN モバイルONEは最もオススメしたい格安SIMの1つ

数多くのMVNO SIMサービスが増えています。格安SIMサービスもどんどん競争が熾烈になっており、

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

ASAHIネット LTEが月額900円で1GBの高速通信に対応したプランを発表 格安SIM業界でも最安値の部類に

インターネットプロバイダのASAHIネットが展開するdocomo網を利用したMVNO格安SIMサービ

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

MVNOの格安SIMにも使えるオススメのモバイルWi-Fiルーター

今回は安くて性能のいいルーターを紹介したいとおもいます。 最近はMVNOの格安SIMサービスが

記事を読む

OCNモバイルONEが050plus&OCN光回線との連動キャンペーンを開始

OCNモバイルONEが格安SIM界での競争力を上げるために、関連サービスとの連動キャンペーンを開始す

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑