「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 MVNOサービス

数あるMVNOサービスが出てきている中で、サービス面や回線の安定感などを含めた品質面において、その存在感を示し始めた事業者があります。
それはIIJとOCNです。
この2社はこれまで代表的であった日本通信のイオンSIMなどが有名であったMVNOの格安SIMサービスの中で、常にトップクラスのプラン内容を発表し、サービス面において手を抜かない積極的な姿勢を見せ続けていました。
こうした姿勢が評価され、格安SIMについて知識が深い方の間では、これまでのマーケットリーダーであった日本通信よりも高い評価を与えられるようになりました。

現在の格安SIM業界においては、このIIJとOCNがトップと言っていいでしょう。万人にオススメできる事業者です。
ですが、MVNO格安SIM業界は、日本通信とIIJ・OCNの関係を見て分かるように、その勢力情勢はあっという間に変化します。
いつIIJやOCNがトップの座から落ちても不思議ではありません。

今回はまだそのサービスについては過小評価されているものの、今後の展開次第ではMVNO事業の中でトップの位置に立つ可能性のある格安SIMサービスを紹介しましょう。
そのサービスはBIGLOBEが展開しています「BIGLOBE LTE・3G」です。このサービスの魅力について見ていきます。

業界最安レベルの1GBで980円

まず「BIGLOBE 3G・LTE」のサービスにおいて最も注目&評価されているのが、低価格帯の料金プランにおける無料の高速通信容量です。
多くの事業者が低価格帯プランにおいて、月に500MBや日に30MBといったプランを提供していますが、BIGLOBEでは980円の低価格帯プランで月に1GBの高速通信可能なデータ容量をつけることに成功しています。
この980円で1GBというのは、MVNO格安SIMサービスの中では業界最安値と言っていい内容です。というのも1000円未満のプランにおいて、1GBの通信容量を提供しているのはBIGLOBEかUmobileのみです。Umobileの場合は1GBを超えてしまうと、自動で2GBの高額なプランへと移行してしまう罠があるため、安心して使える1GB制限のプランは「BIGLOBE 3G・LTE」のみになっています。

MVNO格安SIMサービスの中では破格と言える格安プランを実現しているのがこの「BIGLOBE 3G・LTE」なのです。

 

Wi2 300のWi-Fiスポットへ無料接続可能

こちらの特典もMVNO格安SIMサービスの中では特異な内容です。これまでBIC SIMしか提供してこなかったWi2 300という公衆無線LANへの接続が可能になるサービスを全ての契約内容につけています。しかも無料で使えるのです。
公衆無線LAN、無料Wi-Fiスポットへの接続ができることのメリットとは何でしょうか。それは通信容量を気にしなくて良いことです。
980円のプランでは1GBの通信容量が付与されていますが、Wi2 300のWi-Fiに接続した分の通信量はSIMに付与された1GBの通信容量の中には含まれないため、Wi-Fiに接続して1GB以上使っていてもSIM側の容量には影響がなる、速度制限には引っかかりません。
このWi2 300のWi-Fiスポットをうまく使えば、通信容量や速度制限を気にすることなく1ヶ月間格安SIMで高速通信が可能になります。

Wi2 300は基本的に飲食店や公共の施設などにそのWi-Fiスポットが展開している場合が多いので、仕事場近くのお店や施設のどこにあるのかを事前に調べておけば、快適な通信ライフを過ごすことができるでしょう。

 

SMS対応は2014年2月から

IIJやOCNが最近はじめているSMS対応のSIMは2月から始まります。
SMSに対応することで格安SIMが得るメリットは非常に大きいものです。SMSに対応すると、セルスタンバイ問題と呼ばれるものから解放されます。
セルスタンバイ問題とは、要はバッテリー持ちが悪くなってしまうことです。格安SIMは本来のdocomo純正SIMとは少し異なるため、セルスタンバイ問題が発生していました。セルスタンバイ問題が出ると、電波を掴んでいても常に電波を探している状態になるため、電池の消費量が多くなってしまいます。
SMS対応になることで、こうしたセルスタンバイ問題を回避することができます。
これが2014年の2月から始まるとのことです。
BIGLOBE LTE・3G

BIGLOBE 3G・LTEの体験談

通話はガラケーで、スマホをデータ通信専用にするためにBIGLOBEのSIMを導入しました。
ドコモ回線とのことでしたが、どうせものすごく遅くて外でのネットは期待できないなと思っていました。
家にいることが多くてwifiに繋いでいるので、外ではGmailの受信&閲覧ができればいいやぐらいに思ってました。
ところが、結構速くて驚いています。
もちろん動画や重いデータを落としたりはしてないんですが、メールやちょっとした調べもの、LINEの使用では何の不便さも感じないですね。

私の使用方法では通信速度規制がかかる1GBを超えないのでずっと快適速度です。
で、BIGLOBEを選んだポイントはまだありまして、ここは数少ない、口座振替で持てるSIMなんですよね。
他のところはほとんどがクレジットカードが必要なので、クレカを所持していないくてもSIMが使えるここはかなりありがたいんです。
各地にwifiスポットもありますし、私はこの値段でこの品質ならずっと使い続けたいと思ってますね。

 

MVNOのSIMの中では料金と付与される通信容量を合わせると、内容だけなら過去最高のものになっています。今後はどれだけこのサービスを安定したものにしていくかということでしょう。BIGLOBEは過去にMVNOサービスを展開していたのですが、そこで帯域をうまく制御することができず。本来14Mbps出るはずの速度が、10kbpsも出ないという大きな障害を起こしています。当時はまだMVNOという存在があまり知られていなく、解約にかかる費用を0円にすることですぐに騒動は収まりましたが、こうした過去と同じトラブルが起きなければ今回のBIGLOBEの格安SIMはOCNやIIJmioを超えるサービスかと思います。

関連記事

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。 IIJmioのみお

記事を読む

日本通信がIIJとOCNへの対抗プラン「プランI」、「プランN」を発表

日本通信(b−mobile)が、新しいMVNOサービスを開始するようです。 日本通信といえば、MV

記事を読む

楽天LTEが月1000円以下で1GBまでの通信容量を実現!格安SIMの競争に殴りこみ

5つのプランが選択できて、docomoの通信網に対応したMVNOサービスの一つ「楽天LTE」が、この

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

業界最強コスパの格安SIM「U-mobile*d」 1GBで680円も料金プランには罠アリで要注意

今や安くスマートフォンでインターネットをするのに定番となり始めているMVNOの格安SIM。 多くの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑