Android4.2にアップデートしたARROWS X F-10Dが不具合も解消されて普通に使えるスマートフォンに劇的進化

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 docomo関連

ARROWS X F-10Dがdocomoから発売されてもうすぐ2年という月日が経とうとしています。
このARROWS X F-10Dは、前身のF-05D同様にスマートフォン界では悪名高いスマートフォンとして有名です。
触っている時の動き自体は悪くはありません。むしろ当時のハイスペック機種であるため、動き自体はなかなかのものを見せてくれます。F10Dの最大の問題点は不具合が多いということと、電池持ちが極端に悪いという2つの悪い点が目立つことです。
不具合は人によって異なる不具合が出てくるため、対策が難しい面が大きいのが特徴です。不具合系で目立つのが、アプリの強制終了とデータの消失です。アプリを使っていると、フリーズしたあとにアプリが強制終了される場面が多く、再びアプリを起動させないといけないなんてことがしょっちゅうあります。アプリを再起動した後に、それまでのデータが残っている場合もありますが、この辺は完全に運で、これまで使っていた内容が消えてしまうこともありました。特に酷いのは電話アプリを利用していたら、急に強制終了となり通話が途切れてしまったことです。純正のアプリすら制御できない作りだったのです。
もう一つがデータの消失です。SDカードのデータが消えるということはなかなかありませんが、本体側に記録していた内容が消えるということは時々あります。一番困ったのが電話帳の中身が消えたことです。携帯電話において一番大事なものが消えてしまうのには本当に困りました。

またこれらの不具合と同様に問題になったのが電池の持ちの悪さです。
とにかく3、4時間すると電池が0になってしまうような燃費の悪さです。モバイルバッテリーは必須という状態でした。何も操作せずにカバンの中にいれていても、その間なぜか電池を激しく消費していたこともありました。

こうした不具合や電池持ちの悪さからF10Dは不具合が出るスマートフォンの代表機種としてよく知られるようになりました。ネット上でARROWSブランドが馬鹿にされがちなのも、こうした不具合を連発していたf10Dの影響が大きいでしょう。

このF10Dですが、2013年の終わり頃にAndroid4.2へのアップデートが配信されました。Android2.3から4.2へのメジャーアップデートです。
このアップデートによってこれまで不具合の連発、電池持ちの悪さが特徴だったF-10Dに大きな変化が生まれました。なんと不具合が減り、電池持ちも圧倒的なレベルで良くなる神アップデートになったのです。
以下ではこのアップデートによってどれだけF-10Dが普通のスマートフォンに近づけたかを紹介しましょう。

 

電池持ちの改善

Android4.2.2への変更で大きな変化が起きたのは、電池持ちの悪さが無くなったということです。
これまでおよそ3時間ほどで空っぽになってしまったバッテリーが、このアップデートにより6時間以上粘ってくれるようになりました。感覚的には異常なほどのバッテリー持ちの改善を味わうことが出来ています。

今までは電話機としてもインターネットをするための道具としても、電池持ちの悪さからほとんど役に立たなかったARROWS Xですが、今回のアップデートによりようやく普通のスマートフォンとして使えるようになったと言えます。

 

不具合も今のところ減少

不具合についても、今のところかつてのような突然アプリが強制終了してしまったり、データが飛んでしまうということは無いです。元々データが飛ぶのは滅多に起きない不具合でしたので、その点は正確に治ったとはハッキリとは言えませんが、それでも過去のようなアプリがしょっちゅうフリーズしたりするようなことはなくなっています。
普通のスマートフォンとして使うには十分な動きを見せてくれています。

発熱も同時に減っており、内部が相当変化したことが伺えます。今回のARROWS Xのアップデートはまさに神アップデートとも呼べるものです。
現在この白ロムは新品で1万3000円ほど、中古だと5000円ぐらいで買えます。流石に新品で買うのは性能的にも不具合の心配からも、あまりオススメはしませんが、中古で安く買えるようでしたら、docomoのMVNO格安SIMも使えますので、ちょっとしたおもちゃとして遊べるかと思います。

ARROWS X F-10D docomo [Black]

新品価格
¥17,800から
(2014/3/19 23:44時点)


 

一応一つ気をつけるべきところは、アップデートをする場合は一度初期化をしてアプリなどが少ない状態にしておいたほうがいいでしょう。これはどんなスマートフォンでも言えますが、内部が様々なアプリで埋まっている場合は、うまくアップデートの適正化が出来ない場合があります。特に今回のようなOSのバージョンが変わるアップデートでは、その傾向が強くて、動きが悪くなってしまうことがあります。GALAXY Noteのアップデートがその一つの例かと思います。
アップデートで失敗しないためにも、アップデート前にスマートフォンを初期化してから行うことに注意してください。

関連記事

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

Optimus G L-01E、Optimus LIFE L-02Eは低価格ながら不具合の少ない格安SIM向け白ロムスマートフォン

MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンの中で、比較的不具合が少なくて、それでいて性能の良さと 白

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

MVNOの格安SIMが使えて2万円以下の安いおすすめ白ロムスマートフォン

このサイトでもメインテーマとして扱っている携帯電話のデータ通信費を節約する方法の一つに、MVNOの格

記事を読む

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高のコストパフォーマンスを見せるの

記事を読む

Wi-Fi STATION L-02FはMR03LNと双璧をなす最新高機能Wi-Fiルーター SIMロック解除をすればauやSoftBankのLTEへ接続可能

docomoから発売されているLG製モバイルWi-FiルーターL-02F。 docomoおよびMV

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

ソニーの「ファブレット」Xperia Z Ultraが安い!ついに4万円台突入!

  6.44インチという大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度、最新の高性能CP

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑