iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 au関連, docomo関連, MVNOサービス, SoftBank関連, オススメ白ロム

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhone 5c。日本においては発売当初から人気が出ず、早い段階で0円売りをしており、キャッシュバックがついてきたここ最近になってようやく売り上げランキングの上位に入ってるなどの動きを見せています。
しかし、このiPhone 5cですがMNPのキャッシュバックで売れている分の半分くらいは、キャッシュバックと本体の転売目的の購入になるため、街中で使う人の数はそれほど増えていない状況です。一方で転売目的で売りに出されたiPhone 5cは、白ロム市場には大量に溢れ出しているようです。
本来Apple製品は、時間が経ってもその中古価格や新品未使用製品の価格は下がらない事で有名だったのですが、iPhone 5cに関してはそうした法則には当てはまらないようで、その白ロム価格が大きく下がり始めています。

 

3キャリア分が全て4万円割れ

iPhone 5cは2013年9月の終わりに発売をされた最新機種の一つのです。
その最新機種の白ロムでは早速いい価格へと落ちてきています。
各キャリアの定価は6万円ほどです。iPhone 5sの白ロム価格がキャリアの定価7万円とほとんど変わらないのに対して、現在iPhone 5cがつけている白ロム価格は4万円ほど。カラーによっては3万7000円という価格もついています。
発売されたばかりのApple製品がこのような価格になるというのは異常なことでしょう。相当な投げ売りにより、iPhone 5cが白ロム市場へ大量に流入してきていることがわかります。

特にキャリアによって白ロム価格が高い低いはありません。docomo版でもau版・SoftBank版でも、どのキャリアの白ロムでも4万円以下の価格をつけています。これはiPhone 5の白ロム価格よりも5000円近く安い値段です。iOS端末を触ってみたかったという方には、とても買い求め易い価格ではないでしょうか。

 

MVNO格安SIMは使えるが・・・

このiPhone 5cの白ロムスマートフォン。特にdocomo版の白ロムiPhoneについて気になるのが、格安SIMを使えるかどうかという事でしょう。
一応今のところ、MVNOでもdocomo版のiPhone 5cならば通信は出来ます。一時通信が出来ないなんていう報道もされましたが、各MVNO事業者が配布しているプロファイルを適用させる事で、通信が可能になっています。
ですが、問題としてはこの通信はiOSのアップデートなどをすると塞がれてしまう場合もあり、常にMVNOの格安SIMが使えます、とは言い難い状況です。
ですので、格安SIMを使いたい場合はiPhone 5cはとても安定した動きもいいお買い得なスマートフォンにはなるのですが、Androidスマホのようにいつまでも格安SIMが使える状態であるとは限らないということは覚えて置いてください。

 

動きはiPhone 5sよりも安定

スマートフォンとしての使いやすさはもはや説明するまでもないでしょう。iPhoneということでその動作は快適そのものです。iPhone 5sよりも性能自体は落ちますが、iPhone 5sが採用しているA7チップが現時点では対応するアプリなどが多くなく、アプリのクラッシュなどが多数報告され、それに起因する再起動の問題なども少なくない状態です。それに対してiPhone 5cは従来の流れを汲むA6チップを採用しているため、本体側の問題でアプリがクラッシュするということはまず起きないとても安定感のある機種です。
iPhone 5sはどちらかというと過渡期におけるプロトタイプ的な機器になるため、普通に電話してメールしてネットで遊びたい、という考えの方にはiPhone 5cでも全く問題のない使用感になるかと思います。iOS7のデザインも、アルミ加工された5sよりもポップなイメージが強い5cのほうがマッチングが強いため、使っている際の見た目は5cのほうが統一感もあります。

Apple docomo iPhone5c White 16GB [ME541J/A]

とても珍しいApple製品の大幅な安売りということで、このiPhone 5cの白ロムはとてもお買い得かと思います。Wi-Fi運用や一応格安SIM運用もdocomo版のみですが出来ますので、使い方にも幅があり扱い易いでしょう。

関連記事

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

ソニーの「ファブレット」Xperia Z Ultraが安い!ついに4万円台突入!

  6.44インチという大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度、最新の高性能CP

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

IIJが音声通話付き格安SIM「みおふぉん」を発表!基本料1995円+通話料から、全プラン1GB以上の無料高速通信容量付き

IIJmioがこれまで日本通信とSo-netが展開していた、格安MVNO通信+音声通話を一つのSIM

記事を読む

「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

数あるMVNOサービスが出てきている中で、サービス面や回線の安定感などを含めた品質面において、その存

記事を読む

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

auから発売されているスマートフォンは、基本的にau回線かWi-Fiでしか使えません。 docom

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑