docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

公開日: : docomo関連, 白ロム知識

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいいスマートフォンです。
その理由はやはりWi-Fi運用だけでなく、MVNOの格安SIMを使った通信が可能という点にあるとおもいます。
白ロム市場では、docomoから発売されたスマートフォンというだけで、同じスペックのauやSoftBankよりも3、4割高い白ロム価格を付ける価値の高さを見せています。

格安SIMが使えるということで人気も価格も高いdocomoのスマートフォンですが、比較的古めの機種ならば安い価格で手に入れることができます。格安SIMで通信費を安くし、さらに本体代も安くしたい方はこうした白ロムがおすすめと言えます。
ですが、古い機種はスペック面でどうしても快適さが損なわれてしまいます。特にdocomoのスマートフォンはauと共に発売された兄弟機・姉妹機と比べても、auで出た端末よりも動きが重かったり不具合が酷くなったりと、docomo製のほうが何かと評判が悪くなっています。
同じ機種でdocomoとauで違いが出るのはどうしてなのでしょうか。それは主にdocomoが最初から入れている「パレットUI」と呼ばれるホームアプリが、メモリを使いすぎる傾向にあり、それが理由で動作に支障が出やすくなっていると考えられます。

今回はこの「パレットUI」の影響を最小限に抑えて、docomoの古い白ロム機種を快適に使う方法を紹介します。

 

パレットUIとは

パレットUIとは、docomoから発売されたAndroidスマートフォンに、ほぼ例外なく備わっているホームアプリのことです。
パレットUIの目的は、メーカーごとに独自の設計がされているホーム画面では、機種変更の度に使い勝手が変わってしまうため、共通のホーム画面を導入することで、機種変更をしても今までのやり方でスマートフォンを使えるようにするために用意されています。
ここまではとても素晴らしい考え方のもと実装されたアプリであることがわかります。確かに機種変更する度に新しく覚えることが増えるのは大変です。
ですが、初期のスマートフォンのスペックが低かったことと、パレットUI自体の設計が甘くてメモリの大量消費をしてしまうため、docomoのスマートフォンはその他のキャリアと比べると動作が明らかに悪くなってしまいました。

 

パレットUIの影響力を最小限に

パレットUIの影響で、スマートフォンのメモリ使用量が圧迫され、全体的な動きが重くなるというのは、最新のdocomoスマートフォンなら少なくなりましたが、やはり過去のスマートフォンでははっきりとその影響がでます。
ではこのパレットUIの影響力を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

パレットUI上の全てのウィジェットを外す

実はこのパレットUI、単純にホームアプリをパレットUI以外のものに変えてもダメなのです。
というのも、このパレットUIは、別のホームアプリを利用していてもバックグラウンドで影響を与えてしまう厄介な仕様になっています。
しかも、ウィジェットやスクロールページ数が多いと、それもメモリを消費してしまうというとんでもないものになっています。
これを避けるために、ホームアプリを変更する前にパレットUI上のウィジェットやアプリを全てホーム画面からはずしましょう。
基本的には、ウィジェットを長押し→ゴミ箱へ、という流れでホーム画面上のウィジェットやアプリを外して行きましょう。
ホーム画面の枚数も、スクロール不要な1枚だけにして本当に最小限の構成にしておきましょう。

 

軽くて相性のいいホームアプリを使おう

次にすることは、パレットUI以外のホームアプリを使うことです。
ホームアプリは色々な種類のものが、Google Play上に揃っています。その中からいくつかを試してみて、相性が良くて軽く感じるアプリを選びましょう。
最近の主流としては

  • Nova Launcher
  • Lightning Launcher

が人気ですしおすすめです。
Nova Launcherはカスタマイズ性に優れたホームアプリです。日本語対応もされているので、ここ最近で日本においては急激にその地位を確立しています。色々といじりたい方向けです。
Lightning Launcherは、軽さを追求したホームアプリです。今回のようにdocomoの古めのスペックを持ったスマートフォンを使う場合は、先ほどのパレットUIの影響力を抑えた上で使えば、結構サクサクと動いてくれます。
こうしたホームアプリを色々と試してみて、その中で一番動きのいいものを使っていけばストレスなく使うことができます。

 

このような方法をとることで、docomoの重い動きを見せるスマートフォンでも、比較的マシな動きをしてくれるようになります。ちょっとだけ手間はかかりますが、一度変更してしまえばそこからはストレスが減りますので、実行しても損はしない行動かとおもいます。
ぜひスマートフォンが重いと感じた時は試してみてください。

関連記事

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高のコストパフォーマンスを見せるの

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

Wi-Fi STATION L-02FはMR03LNと双璧をなす最新高機能Wi-Fiルーター SIMロック解除をすればauやSoftBankのLTEへ接続可能

docomoから発売されているLG製モバイルWi-FiルーターL-02F。 docomoおよびMV

記事を読む

Android4.2にアップデートしたARROWS X F-10Dが不具合も解消されて普通に使えるスマートフォンに劇的進化

ARROWS X F-10Dがdocomoから発売されてもうすぐ2年という月日が経とうとしています。

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑