SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 docomo関連, MVNOサービス, オススメ白ロム, 白ロム知識

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバイルの回線でしか使えないルーターですが、元はSIMフリー端末であるため、docomoやそれに付随するMVNOの格安SIM(OCNモバイルOneやIIJmio、b−mobile等)で利用できます。
わざわざイー・モバイルと契約しなくても、Amazonなどでは払い切りでGL06Pの白ロムが売られているので、これを利用することでdocomoの回線が使える便利なWi-Fi環境を作ることができます。

今回はこのSIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」のメリットや、使う際に注意するべきところを紹介して行きたいとおもいます。使い方によっては、非常に高性能で使えるdocomoのWi-Fiルーターになるので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

白ロムが約1万円の安さ

まずこのGL06Pを紹介する一番の理由は、契約なしの白ロム価格が安いというところにあります。契約が必要ない払い切りになるので、イー・モバイルに別途料金を支払う必要はなく、格安SIMなどの契約料金のみになります。
現在Amazonなどの通販サイトで、GL06Pの白ロム価格は1万円前後になっています。これは、docomo回線に対応したWi-Fiモバイルルーターの中ではかなり安い部類です。Wi-Fiモバイルルーターで1万円を切る端末というのは、基本的にバッテリー容量が少なく、3G通信のみのどちらかというと低速な回線速度になってしまう端末が多いのですが、このGL06Pはそうしたデメリットが少なくなっています。それでいながら白ロム価格が1万円以下になるというのは大変コストパフォーマンスの良い商品と言えます。

 

バッテリー交換可能で液晶表示のあるWi-Fiルーター

このGL06Pはバッテリーが取り外し可能で交換ができます。元々バッテリー容量が大きく、Wi-Fi通信が8時間ほど連続で使用できるスペックがあるのですが、さらに予備のバッテリーを用意しておくことで、さらに1日に通信出来る時間が伸びることになります。
またルーター本体の表面に小さな液晶ディスプレイが備えられており、接続状況やバッテリー残量などが把握できます。詳細な状況は出てきませんが、情報量としては必要十分なものが揃っています。

 

都市部ならdocomoのLTE通信も可能に

このWi-Fiモバイルルーター、SIMフリーかつLTE通信に対応したルーターではあるのですが、LTEは基本的にイー・モバイルが展開しているBand3という周波数のLTE通信にしか対応していません。
この周波数を持っている国内の携帯キャリアは、docomoも含まれているのですが、このBand3という周波数のエリア展開は、その他のLTE向け周波数よりも遅れており、現時点で都市部の一部のみしか展開していません。
そのため、GL06PでdocomoのSIM、あるいはdocomo網を利用した格安SIMを使った場合、一部のBand3の電波が入る都市部以外では、基本的にLTE通信ではなく3G通信になります。ですので、LTEよりも低速な回線での通信が基本になってきてしまいます。そこは覚悟が必要でしょう。
このBand3という周波数帯域は、通常の周波数帯域と比べて速度が出るため(150Mbps)、現在docomoは都市部を中心にそのエリアを広げています。ですので2014年後半から2015年ぐらいになってくるとかなり快適なLTE通信が可能になりますが、今のところはそれほどLTEにつながる期待は出来ないのが現状です。
この点はGL06Pのデメリットになるところでしょう。一応はLTEに対応しているものの、極端にその対応エリアが狭いため、今のところ3G通信がメインになってしまいます。

EMOBILE GL06P シルバー Pocket Wi-Fi LTE 白ロム


 

このようにLTE通信が今のところ都市部でしか機能しないという残念なところもあるGL06Pですが、それを差し引いても1万円前後で買える、格安SIMにも対応したモバイルWi-Fiルーターであるということは非常に魅力的かとおもいます。
複数のデジタルデバイスでWi-Fi通信を行いたいという方で、格安SIM(OCNモバイルOneやIIJmio、b−mobile等)の運用を考えている方には、このGL06Pは機能面と価格面のコストパフォーマンスが優れたルーターになるかとおもいますので、ぜひ検討してみてください。

関連記事

Wi-Fi運用に最適な白ロムスマホ「203SH」 クアッドコアなのに1万円と破格でオススメ

今、SoftBankのあるスマートフォンが白ロム市場で大きな賑わいを見せています。2013年に発売さ

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

白ロムスマホ(特にiPhone)の高額買取を行うショップ

今まで、白ロムを買うことばかり見てきましたが、今回の話題は白ロムを売ることについて紹介しましょう。

記事を読む

白ロムスマホ購入時の注意点 IMEIの一致、赤ロム化の確認、保証期間の把握

白ロム購入時の注意点を今回は紹介しましょう。 白ロムを購入する際に注意しているのはどういうところで

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっ

記事を読む

ビックカメラが買い切りのプリペイドデータ回線を3980円で発売!3ヶ月間500MBの通信量まで使える

ビックカメラが21日から新しい格安SIMを発売するそうです。 これまでの月額契約が必要だった格安S

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

ASAHIネット LTEが月額900円で1GBの高速通信に対応したプランを発表 格安SIM業界でも最安値の部類に

インターネットプロバイダのASAHIネットが展開するdocomo網を利用したMVNO格安SIMサービ

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑