格安SIMやdocomoで使える海外スマホLumia525が安い ・・・がWindows Phone

公開日: : オススメ白ロム

iPhoneやiPadに採用されているiOS、世界各国でシェアを伸ばし続け多くのメーカーの製品が登場しているAndroid。
スマートフォンのOSと言えばこの2つが今の主流として目立っています。
この2強に食い込もうとして話題になっているものに第3のOSと言われるジャンルというものがあります。iOSでもAndroidでもない、もうひとつの別のOSでスマートフォンを作ろうというものです。
最近ではTizenやfirefoxOSなどがそうしたもののひとつとして取り上げられています。
こうした第3のOS候補として多くのOSの名前が上がる中で、その筆頭として何年も期待されているのが、Windows Phoneです。
Microsoftが開発するWindows Phone OSは日本ではIS12Tという端末だけのわずか1台しか発売されませんでしたが、世界各国ではそこそこの売れ行きを見せています。
日本向けのゲームやお役立ちアプリなどはまだまだ揃っていませんが、Windows系のサービスやクラウド系のサービスについは揃っているために、利用目的がはっきりしていれば十分に使えるスマートフォンにはなっています。

今回は日本では未発売ながらも、個性的かつ値段も安いWindows Phoneを採用したスマートフォンの白ロムについて紹介したいとおもいます。

 

NokiaのLumiaがお買い得

Windows Phoneを牽引している製造メーカーとしては、フィンランドのNokiaという携帯メーカーが挙げられます。
Nokiaはあまり日本では耳にしないメーカーですが、欧州や北米ではガラケー時代の雄として知られています。
このNokiaが販売するWindows Phoneが今回紹介するスマートフォンになります。

NokiaはWindows Phone OSを搭載したスマートフォン「Lumia」シリーズを販売しています。LumiaシリーズはWindows Phoneを採用したスマートフォンでは最も有名かつ、不具合も少ない優れたスマートフォン端末です。
この「Lumia」シリーズはスペックごとに様々な型番を出してきているのですが、その中でも今回コストパフォーマンスが優れたスマートフォンとして紹介するのは、Lumia525です。
なんとその価格は2万円以下の1万6000円前後という格安な値付けになっています。

 

Lumia525のスペック

Lumia525のスペックで重要なところを見てみましょう。

  • OS:Windows Phone 8
  • CPU:Qualcomm Snapdragon S4
  • RAM:1 GB
  • ディスプレイ:4インチWVGAディスプレイ(800×400)
  • バッテリー:1430 mAh

CPUはSnapdragon S4というものを採用しています。これはAndroidだとGALAXY S3 SC-06Dが採用していたCPUです。この機種を触ったことのある方ならわかるとおもいますが、かなりサクサクキビキビと動作するCPUなので、性能面では問題ありません。
RAMは1GBですが、Androidとは違いメモリの圧迫が少ないので、スペック以上に軽く動かせる感覚を味わえるかとおもいます。
ディスプレイはWVGAと解像度は高くありません。ちょっと最近のスマートフォンに見慣れている方には、荒く感じる表示になるでしょう。大きさが4インチなので、それほど気にはなりにくくなっていますが、比較してしまうと荒さは目立ちます。

 

格安SIMで使えるWindows Phoneの入門機としてオススメ

このLumiaシリーズはSIMフリーですので、docomo系のMVNO格安SIMでも利用できます。もちろんWi-Fi運用もです。
Lumia525は廉価版という位置づけのため、LTEには対応していないのでそこは注意してください。さらに製造国のモデルによっては、テザリングなどが可能かどうかに違いがでます。がんがん使い倒そうと考えている方には、ちょっとギャンブル性が高いです。
2万円以下の価格ということで、Windows Phoneを触ってみたいという方の入門機としては最適かとおもいます。それでいて格安SIMが使えるため一定の実用性もしっかり備えています。
日本では売られていないスマートフォンとして使って見るのも個性的かとおもいますので、ガジェット好きな方にはオススメしたい端末です。

関連記事

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

auから発売されているスマートフォンは、基本的にau回線かWi-Fiでしか使えません。 docom

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店で

記事を読む

MVNOの格安SIMが使えて2万円以下の安いおすすめ白ロムスマートフォン

このサイトでもメインテーマとして扱っている携帯電話のデータ通信費を節約する方法の一つに、MVNOの格

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑