13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

公開日: : 最終更新日:2014/03/19 docomo関連, オススメ白ロム

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンになっています。目立った不具合が報告されていないラインナップになっており、どれを選んでも十分満足できる内容になっています。そのほとんどがCPUにS600あるいはS800といった、AndroidスマートフォンがようやくiPhone並の快適さを出せる高性能CPUを搭載していますので、動作もサクサクとした滑らかなレベルに仕上がっています。

今回はこのdocomo夏モデルの中から、特に白ロム価格が安めで性能のいいスマートフォン「Optimus it L-05E」について紹介したいとおもいます。ほぼiPhoneと同じような大きさのコンパクトさでありながら、そこから引き出される性能はとてもコンパクト機とは思えないような質を見せてくれます。

 

コンパクトかつ大画面で操作しやすい

このL-05Eの大きさはほぼiPhone5sと同等の大きさになっています。多少分厚さはありますが、グリップ感がその分強くなっているため、とても持ちやすさを感じるスマートフォンです。
文字入力もしやすく、画面の端までしっかり指が届くため、操作性はとてもよいスマートフォンになっています。

サイズ的にはiPhoneと同じなのですが、液晶ディスプレイの大きさは4.5インチとiPhone以上の大きくてみやすい画面を備えています。上下のベゼルのうち、下部のベゼルにタッチ式のハードウェアキーを配置しており、4.5インチの大画面全てに情報が載ります。ソフトウェアキータイプの大画面スマートフォンの場合、ソフトウェアキーが常に表示されることで、画面の一部が占領されてしまい、実質的な表示範囲が狭くなるというところがありました。
一方でこのL-05Eは4.5インチの画面全てに情報が入ってくるので、本体サイズの割には想像以上の画面の大きさを感じさせます。

 

綺麗な液晶ディスプレイ

これまでお買い得な白ロムスマートフォンを紹介してきていますが、このL-05Eについてはそうした要素は少ないです。価格も3万円前半と結構な値段がついてますし、単純なスペックで比較すれば、もう少し安い端末が同等のスペックで手に入る場合があります。
それでもあえてこのスマートフォンを今回オススメしている理由は、3万円前半でも安いと思える質の高さがあるからです。先に説明した大画面かつコンパクトな絶妙なサイズ感などがそれです。こうした質の高さが目立つスマートフォンゆえにオススメしたいのです。

例えばサイズ以外の質の高さで言えば、液晶ディスプレイの美しさです。流石にこのサイズでのフルHD画質とはいかないものの、HD画質という十分高細微なディスプレイを使っています。さらにこのディスプレイ、発色が良くIPSパネルを使って視野角も広くなっています。これがとても見やすく綺麗な画面を実現しており、非常に質の高いスマートフォンであることがわかります。
質を重視して白ロムスマートフォンを購入しようとしている方には、価格とのバランスが取れた素晴らしい機種かとおもいます。

 

サクサクではあるが、最新機種とは比較にならない

このL-05E、2013年の夏モデルということで、性能面ではほとんど不満点はありません。CPUがSnapdragon600と呼ばれるもので、比較的サクサクとした動作が可能です。ただ2GBのメモリ容量があるものの、簡単に埋まってしまいますので、定期的なメモリ開放やタスクキルをしないと動作が悪くなります。
サクサクではあるものの、現時点での最新機種のSnapdragon800をCPUとして搭載した機種と比べると、所々気になるところはあります。ですので、どうしても良いスマートフォンが欲しいという方は、S800を搭載したNexus5などを購入したほうがいいでしょう。
L-05Eはコンパクトで良く動くスマートフォンとしては素晴らしいですが、動きの良さを追求するようなスマートフォンではないため、そういったところに拘りを持つ方にはオススメは決してできません。その辺りの自分の求むものがわかっている方にはオススメしたいです。

(docomo) Optimus it L-05E ホワイト

関連記事

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

「Xperia M」は2万円で買えてMVNOのSIMにも対応する激安Xperia

日本で人気の高いSONYのスマートフォン「Xperia」シリーズ。 実はこのXperiaシリーズ、

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっ

記事を読む

GL07SはMVNO格安SIMが使える2万円以下の軽量白ロムスマートフォン

イー・モバイルから発売されたスマートフォンであるSTREAM X GL07Sの白ロム価格が2万円以下

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑