「Xperia M」は2万円で買えてMVNOのSIMにも対応する激安Xperia

公開日: : オススメ白ロム

日本で人気の高いSONYのスマートフォン「Xperia」シリーズ。
実はこのXperiaシリーズ、日本以外にも海外で展開しています。しかも海外では日本未発売のXperiaシリーズが多数存在しており、ガジェットオタクな方々は個人輸入で使っていたりします。
日本においてはXperiaブランドとして確立されており、どちらかというと高価なスマートフォンという印象もありますが、世界で展開されているXperiaシリーズをみていると、新興国向けの安価なモデルもXperiaは多数投入しています。
この安価な廉価版Xperiaとでも言うべきモデルは、安いものになると新品でも2万円以下で買えてしまうモデルもあります。
操作性や動き自体はキャリアのおかしなアプリが入っていないため、普通によく動くスペックになっているものがほとんどなので、その点は安心できるスマートフォンです。

今回はこうした廉価版Xperiaのひとつ「Xperia M」について紹介したいとおもいます。なにかXperiaシリーズのスマートフォンが欲しいけれども、それほどお金に余裕がないという方にオススメな格安モデルになったいます。

 

Xperia Mのスペック

Xperia Mのスペックで主要な点を抜き出してみました。

OS:Android 4.1 Jelly Bean
CPU:1 GHz / Dual Core / Qualcomm
ディスプレイ:4.0″ / Resolution: 854 x 480 pixels
RAM:1 GB
記録メモリー:Internal: 4 GB / Slot type: microSD / Max. slot capacity: 32 GB
3G: 900/2100 MH
バッテリー:1750 mAh
SIMカード:micro-SIM

スペックとして大雑把な部分を見ていくとこうなります。
CPUにはクアルコム製のデュアルコアCPUを備えています。最新スマートフォンと比べると確実に見劣りはしますし、最近の3Dゲームアプリには適さないですが、通常のWebブラウジングやちょっとした軽いゲームアプリぐらいならば充分なスペックです。
RAMは1GBです。この価格帯では平均的でしょう。よほど重いアプリでなければ、多重展開でも動きには影響しないとおもいます。もちろん軽いアプリでも多重展開は負荷になるため、こまめなタスクキルを心がけたほうがいいでしょうが。
バッテリーが問題点でしょうか。1750mAhというと実働4時間でギリギリ朝から晩まで待機できるレベルです。使い倒す気ならばモバイルバッテリーは必須だとおもいます。
大きさはほぼiPhone5sと同じです。解像度はiPhone5sよりも低いですが。

 

2万円前後の格安Xperia

このようにスペック面ではミドルエンド~エントリーモデルといった位置づけになるかとおもいます。
最新端末を常に求めている方には全く不向きななスマートフォンです。
ですがとりあえず安く済ましたいという方には充分なスペックのスマートフォンですので、スペックに拘りがなくネットが出来ればいいという方にはオススメです。

価格はXperiaという冠をつけながら、およそ2万円ほどです。これが新品価格ですので、日本ではちょっと考えられない価格帯かとおもいます。

 

格安SIMに対応するSIMフリーもLTEには非対応

このXperia Mは、SIMフリーということでdocomoのSIMが使えます。docomoのSIMが使えるということは、MVNOの格安SIMも使えるということになります。
格安SIMが使えて2万円で本体が買えるというのは、かなり安いセットと言えるのではないでしょうか。
ただし、このXperia Mを格安SIMで利用する場合注意しなければいけないことがあります。それはLTEの通信に対応していないため、高速通信が期待出来ないということです。
このXperia Mは新興国向けの安価なモデルのため、対応しているのが3G通信と、さらにその下のGSMという通信方式だけで、LTEはどう頑張っても対応していません。
ですので、格安SIMを利用する場合は、docomoのLTEによる高速通信が出来ないというのに気をつけてください。

高速通信に対応していないため、格安SIMを使う場合はWi-Fiスポットが無料で使える事業者を選ぶと、外出先での高速通信が可能になるかもしれません。
格安SIMサービスを行っているMVNO事業者の内、無料のWi-Fiスポットが使える会社はIIJ(BIC)とBIGLOBEです。
IIJmioの格安SIMサービスか、IIJをバックボーンとするBIC SIM、またはBIGLOBEの格安SIMが、追加料金なしでWi-FiスポットサービスであるWi2を利用することができます。
これらのSIMを選べば、どこでもというわけではありませんが、商業施設や商店街などでの高速通信が可能になる可能性は高くなるので、ぜひ組み合わせてみてください。

 

2万円と比較的安く買えるスマートフォンで格安SIMにも対応ということで、変な中古スマートフォンを買うよりも場合によってはいいかもしれません。

関連記事

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

ソニーの「ファブレット」Xperia Z Ultraが安い!ついに4万円台突入!

  6.44インチという大型ディスプレイを搭載し、フルHDの解像度、最新の高性能CP

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっ

記事を読む

docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店で

記事を読む

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

auから発売されているスマートフォンは、基本的にau回線かWi-Fiでしか使えません。 docom

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑