「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 MVNOサービス

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝えています。
通常のデータプランのみの格安SIMではなく、音声通話も可能な格安SIMとセットにされるということで、キャリア(docomoやau)と契約するスマートフォンと同じ使い方ができてしまいます。
高止まりしていると言われるスマートフォンの料金を、こうした形で安く提供することで、主要な3大キャリアの壁をうち崩そうとしているのかもしれません。

月2980円に端末代が含まれているということで、スマートフォンを持っていない方にも安く契約することができるサービスに見えます。今回はこの新たにイオンが提供してきた格安スマホは実際に買いかどうかを、考えてみたいとおもいます。現在判明している内容から、評価を行ってみましょう。

 

概要

まずは今回日経新聞からの情報を頼りに、イオンが販売する格安SIMスマホの概要を見て行きましょう。

  • スマートフォン端末はNexus4
  • 格安SIMは日本通信の音声通話可能なSIM
  • おそらく「スマホ電話SIM フリーData」を採用
  • 解約金はかからない
  • ただし途中解約の場合は、端末代の支払い発生
  • 端末代は24ヶ月1420円づつの支払い、合計3万4080円
  • 端末代の支払いは月額2980円の中に内包される

だいたいの概要はこの通りです。
これらの情報からこのイオンの格安SIMスマホが買いかどうかを考えてみます。

 

Nexus4は素晴らしい端末も、3Gのみ

このイオンの格安SIMスマホが採用するスマートフォンはNexus4と呼ばれる端末です。去年発売された端末で、日本でもだいぶ経ってから売られたことのあるスマートフォンです。
このスマートフォンはGoogleの謹製スマートフォンということで、キャリアなどの変なアプリの入っていないスマートフォンです。アップデートも最新のものが常に利用できる保証が数年分されています。
性能もそこそこです。元々安価に売られていたスマートフォンのため、特筆出来るような性能ではないですが、普通に使う分には何も支障はないとおもいます。

ですが、今この時期にNexus4を端末代3万4080円で買うのは、正直高すぎる印象があります。
スペック的にも型落ちになっていますし、何よりNexus4はLTEが使えないという大きなデメリットがあります。
今後この回線を解約したあとでも、Nexus4は手元に残りますが、その時に別の格安SIMをさして使おうと思った時に、LTEが使えないのはなかなかにストレスが溜まるはずです。3万4080円だしてスマートフォンを購入するのならば、もっとスペックも良くてLTEが使えるスマートフォンを購入したほうがいいとおもいます。

 

スマホ電話SIMフリー Dataは遅い

スマホとセットにされる回線は、日本通信の音声通話付きの格安SIM回線です。
おそらくスマホ電話SIMフリーDataでしょう。
この格安SIMは、通話も可能でネット回線もついてくると宣伝していますが、ネット回線の速度が取って付けたような速度です。高速通信可能なデータ容量はついてなく、200kbpsという低速な回線速度がしかでない格安SIMです。
はっきりいってこの回線速度で数年、あるいは数ヶ月使うのは相当のストレスが溜まるはずです。
中途解約金が無いのもある意味納得というところでしょう。
あくまでもネットはおまけで通話メインで使うと考えないと、直ぐに解約したくなるかもしれません。そして解約した場合は、総額3万円のNexus4の分割端末代を支払わなければいけなくなります。

従来のキャリアがみせる販売方式と比べると、確かにセンセーショナルな販売方式に見えますし、安く見えますが、実際に細部を見ていくと、長期間使うには端末面でも回線面でも貧弱さが目立つ内容になっています。
今回の報道を見て購入を検討していた方は、こうした面も考慮した上で購入に関して考えてみて下さい。

関連記事

OCNモバイルONEが050plus&OCN光回線との連動キャンペーンを開始

OCNモバイルONEが格安SIM界での競争力を上げるために、関連サービスとの連動キャンペーンを開始す

記事を読む

OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。 IIJmioのみお

記事を読む

MVNO SIMの大本命!OCN モバイルONEは最もオススメしたい格安SIMの1つ

数多くのMVNO SIMサービスが増えています。格安SIMサービスもどんどん競争が熾烈になっており、

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

日本通信がIIJとOCNへの対抗プラン「プランI」、「プランN」を発表

日本通信(b−mobile)が、新しいMVNOサービスを開始するようです。 日本通信といえば、MV

記事を読む

ASAHIネット LTEが月額900円で1GBの高速通信に対応したプランを発表 格安SIM業界でも最安値の部類に

インターネットプロバイダのASAHIネットが展開するdocomo網を利用したMVNO格安SIMサービ

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

ヤマダ電機がU-mobile*dベースのYAMADA SIMを発表!月額680円で1GBと業界最安値ではあるが・・・

ヤマダ電機が大手家電量販店の中で、ようやくMVNOの格安SIMサービスにも手を付けたようです。これま

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

数あるMVNOサービスが出てきている中で、サービス面や回線の安定感などを含めた品質面において、その存

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑