ASAHIネット LTEが月額900円で1GBの高速通信に対応したプランを発表 格安SIM業界でも最安値の部類に

公開日: : MVNOサービス

インターネットプロバイダのASAHIネットが展開するdocomo網を利用したMVNO格安SIMサービス「ASAHIネットLTE」の料金プランに改定が入りました。
2014年4月1日から、これまでのプラン内容を全面的に見直し、より競争力の強い格安かつ魅力的なプランへと変更するようです。
これまでのプランは、1GBの高速通信が可能な容量がついてきて、毎月なんと1858円と高額なプランになっていました。1GBの通信容量を超過して利用する場合は、速度規制が100kbpsまで制限されてしまうなど、速度的にも現在競争が白熱している格安SIM業界の中では異端とも言える条件の悪かったサービスになっていました。
流石にこれでは市場から取り残されると悟ったのでしょうか。新プランでは大きな価格改定、またサービス内容の変更をしてきました。
これにより市場にある格安SIMの中でも、比較的高コストパフォーマンスを発揮する格安SIMサービスに変わりました。

今回は格安SIMサービスの競争に新たに食い込んでくるであろう「ASAHIネット LTE」について紹介しようとおもいます。

 

1GB、月額900円は業界最安級

今回「ASAHIネット LTE」が展開し始める「1ギガプラン」の内容は、以下の用になっています。

  • 月額:900円
  • 通信利用量目安:100MB/3日(月間1GB相当)
  • 通信速度:LTE通信時:下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
  • 速度制限:1GB超過後・上り/下り200kbps。3日で100MBを超えた場合・超過した当日の間200kbpsに
  • LTE SIMではあるものの3G端末にも対応

といった内容です。
まず月額900円で通信量が1GBまで用意されている点に注目しましょう。現在1000円以下で1GBの高速通信が可能な容量をプランに組み込んでいるのは、BIGLOBEとServer man SIMしかありません。
その他の格安SIMサービスですと、1GBのプランは1000円を超える価格設定になっています。
現状では1000円以下の料金で1GBの通信量が用意されているのはこの3社のみとなるため、料金的にもいきなり業界最安値に近い水準を出してきたことがわかります。

さらに速度制限発生時の回線速度も、比較的良心的な速度である200kbpsへと変更されています。これによりTwitterやメール、Lineなどのテキスト重視のサービスは問題なく利用できるでしょう。
3日で100MBの制限もありますが、これも当日に解除されるように変更されているので、かなり問題としては少なくなっており使い勝手が良くなっている印象を受けます。

 

3月4月はキャンペーンで無料

更に今回は4月からの大幅改定に合わせて、3月31日までに登録した場合に限り、月額料金を3月分4月分の2ヶ月間にわたって無料とするキャンペーンを展開しています。
通常900円が2ヶ月分ですので、およそ1800円分の還元ということになります。
このキャンペーンを見る限り、今回の改定を通じて、本気で格安SIMサービスの競争に加わろうとしている意気込みを感じます。
とりあえず安く始めてみたいという方は、この無料期間のある「ASAHIネット LTE」から格安SIMを体験してみるのもいいかもしれません。

 

まだまだ知名度の少ないサービスではありますが、IIJやOCNの2強に割って入ったBIGLOBEの例もありますし、今回の改定と今後の展開次第では、化ける可能性の高い格安SIMかとおもいます。
プラン的にもとても魅力の高い内容になっているので、格安SIMサービスを始めたいと考えている方は、一つ候補に入れておいてもいいMVNO事業者だとおもいます。

関連記事

OCNモバイルONEが050plus&OCN光回線との連動キャンペーンを開始

OCNモバイルONEが格安SIM界での競争力を上げるために、関連サービスとの連動キャンペーンを開始す

記事を読む

OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。 IIJmioのみお

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑