OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

公開日: : MVNOサービス

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。
IIJmioのみおふぉん提供開始と、それに伴いデータプランの通信容量を1GBに増加という発表。
ASAHI ネットのデータ通信容量1GB増加発表。
楽天LTEのデータ通信容量1GB増加発表と、ここ数週間でMVNO事業者各社が、サービス内容の拡充を発表しています。
どこのMVNO事業者も、通信費をそのままにデータ通信容量を増加させより快適なモバイル通信環境の構築に努めているようです。

こうした各社の激しい競争の中で、IIJと共に2強と称されるOCNはこれまでキャッシュバックキャンペーンこそしていましたが、サービス内容の拡充には手をつけていませんでした。
各社がここ最近で攻勢にしかけているのを受けて、ようやくOCNモバイルONEでもサービス内容の拡充を発表しました。
今回のOCNモバイルONEでは、データ通信容量の増加と値下げという2つのやり方をとってきています。

 

データ通信容量を増加

OCNモバイルONEでは、今回の各社MVNOサービス拡充に合わせて、同様のサービス内容の改善を4月1日から行うようです。
一部プランにおいてはデータ通信容量を従来よりもアップさせる変更をしてきています。データ容量が変更となるのは、日毎に通信容量が定められているプランの2つです。OCNではMVNOの格安SIMサービスの中でも本当に珍しい、月毎に高速通信可能なデータ容量が決められているプランではなく日毎にデータ容量が決められているプランが用意されています。
この日毎にデータ容量が決められているプランに、今回容量の増加という措置をとりました。
これまでは30MB/日、60MB/日でデータ容量が定められていましたが、4月1日以降はこれがそれぞれ50MB/日、80MB/日と、1日およそ20MBの通信量が追加されることになりました。
50MB/日のコースの料金は月額900円(税抜)。1ヶ月当たりに使える通信量は、1.5GBと1000円以下で使える格安SIMサービスの中では、最も多い高速通信可能なデータ通信容量になるかとおもいます。

一度に数多く大容量のアプリをダウンロードしたい時には、この日毎にデータ容量が決まっているプランはあまり適していません。ですが、そうした一度に沢山ダウンロードしたいという場面を除けば、日毎にデータ通信量が決められているのは、月毎に決められているプランと比べても、通信量超過をしてもその日1日を我慢すればいいだけなので、速度制限なども心配する必要性が減る利点があります。
しかも、今回のデータ容量の増量で、50MBでも80MBでも、通常のインターネットをするには、1日でも十分な量と言えます。
50MBあれば、ネットやメールをしても余るぐらいで、youtubeの動画を数十分見てようやく1日分使い切るという感じになるかとおもいます。
これだけの大容量のデータ通信量が、900円(税抜き)からというのは、また一つOCNモバイルONEが、MVNOの格安SIMサービスで一歩抜きん出た存在になったかとおもいます。

 

若干の値下げ

そして、こうしたデータ通信量の増加とともに、若干ですが各プランの値下げがされています。消費税増税に対する変更だとおもわれます。
新しい価格は以下のようになっています。

  • 30MB/日コース→50MB/日コース900円(972円)
  • 60MB/日コース→80MB/日コース1,380円1,380円(1,490.4円)
  • 1GB/月コース→1GB/月コース1,100円(1,188円)
  • 2GB/月コース→2GB/月コース1,450円(1,566円
  • 500kbpsコース(7GB/月)→500kbpsコース(7GB/月)1,800円(1,944円)

80MB/日のコースでは値上げではありますが、それ以外のコースでは値下げとなります。
本当に若干量ですので、一応これは値下げというよりも、増税に対応した現状維持での価格提供を目指した措置かとおもいます。

1GB/月のプランで、1000円以下という数字は出していませんが、1日で最高50MBデータ通信量を使えるプランは1ヶ月換算1.5GBの通信量と、対応コースによっては最も高ストパフォーマンスが望めるものになるのがOCNモバイルONEのいいところかとおもいます。
プラン変更もネットから1発で5つのうちのどれかを選ぶことができるので、格安SIM初心者の方でも安心して使える製品になっているかとおもいます。

関連記事

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

ビックカメラが買い切りのプリペイドデータ回線を3980円で発売!3ヶ月間500MBの通信量まで使える

ビックカメラが21日から新しい格安SIMを発売するそうです。 これまでの月額契約が必要だった格安S

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

数あるMVNOサービスが出てきている中で、サービス面や回線の安定感などを含めた品質面において、その存

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

ヤマダ電機がU-mobile*dベースのYAMADA SIMを発表!月額680円で1GBと業界最安値ではあるが・・・

ヤマダ電機が大手家電量販店の中で、ようやくMVNOの格安SIMサービスにも手を付けたようです。これま

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑