楽天LTEが月1000円以下で1GBまでの通信容量を実現!格安SIMの競争に殴りこみ

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 MVNOサービス

5つのプランが選択できて、docomoの通信網に対応したMVNOサービスの一つ「楽天LTE」が、この度そのサービス内容を拡充したことを発表しました。今回のサービス内容の拡充によって、これまでよりもより一層魅力的なプランを提供し始めたMVNOサービスとなったため、紹介したいとおもいます。

つい最近までは1GBを超える通信容量を1000円以下で実現したプランというのは、本当に限られたMVNO事業者しか提供してきませんでした。
それがここ数ヶ月の間で、IIJmioやASAHIネットなど様々なMVNO事業者が、一つの大台とも呼べる1000円以下で1GBの高速データ通信が可能な容量を付けた格安プランを実現し始めています。
これまでは特別な事業者しかできていなかった1GBでも格安なプランは、この数ヶ月で一つのトレンドのように広まって行きました。
今回紹介する楽天LTEもこうしたここ数ヶ月の動きに対応するように、サービス内容を変更しています。従来のプランよりもより魅力的になっているので、今後は充分検討価値のあるプランになりそうです。

 

高速データ通信量を1GBに増量

楽天LTEはこの度、1ヶ月間に使える高速データ通信量を、従来の500MBから1GBへと大幅にその容量を増やすことを発表しています。
毎月1GBの通信容量を使えるのは、今回の楽天とIIJ、BIGLOBE、ASAHIなどの現時点では限られたMVNO事業者のみです。現在最もサービス面で加熱しているジャンルになるかとおもいます。こうしたジャンルに楽天も飛び込んできました。
月額料金で900円(税抜)。対象プランは「エントリープラスプラン」です。

エントリープラスプランでは月額料金900円(税抜)で、毎月1GBまで高速データ通信を利用できます。ただし、3日で合計400MBの通信が行われると、容量関係無しに速度規制がかかります。
エントリープラスプランにおいては、いわゆるデータ容量を追加するバンドルクーポンやオプションといったものは利用出来ず、データ容量を使い切った場合は、翌月まで速度規制がかかったままになります。
速度規制は上り下り共に300kbpsになります。この制限速度はその他のMVNO事業者よりも速い規制速度と言えるでしょう。IIJやBIGLOBEでも200kbpsにまで落ちますので、楽天LTEならば理論値上あ規制後もそこそこ快適な速度を保つことが出来るでしょう。

契約事務手数料が現在キャンペーン期間中により、通常の4000円かかる部分が0円になっています。初期費用が0円ということなので、この楽天の格安SIMを使う際には月額料金だけを見て計算すればよくなります。

 

400円で1日無制限の高速通信が可能なオプション

データ容量を追加するオプションは無いですが、MVNOの格安SIMとしては面白い試みとして、400円でデータ容量を24時間だけ無制限にするというオプションが新たに追加されました。
「高速通信時間オプション(24時間)」というオプションですが、一部アプリケーションのダウンロードなどでは利用できませんが、データ量が必要な仕事などをする場合にはとても頼もしい存在になってくれるでしょう。Wi-Fiルーターに楽天LTEをさして、出張などでも料金的に割安な価格で通信量を気にしなくても良くなりそうです。

 

全部で5つのプラン

今回1GBに増量されたエントリープラスプラン以外にも、楽天では4つのプランを用意しています。
エントリープラスプランと共にサービス内容の拡充が発表されたのは、「ライトプラスプラン」です。
こちらは今までの1900円(税抜)で提供されており、1ヶ月に2GBの高速データ通信が可能でしたが、今回の変更により、3GBまで通信量がアップしています。
おそらくこのライトプラスプランは、2000円以下のプランの中では非常にコストパフォーマンスの高いプランであると言えます。2000円で3GBというのは今のところ他社ではでてきていません。

このライトプラスプラン以外にも以下の3つのプランが用意されています。

  • エントリープラン:875円、300MB/月
  • ライトプラン:1500円、1.2GB/30日間、
  • アクティブプラン:2980円、連続した3日間で300MBの制限のみ(1カ月の容量制限は特になし)、毎月楽天ポイントが100ポイント付与

実用的かつコストパフォーマンスを考慮すると、エントリープラスプランかライトプラスプランが契約対象になるかとおもいます。
その他のプランはこの2つに比べるとコスパがあまり良くありません。バンドルクーポンが利用可能というメリットもありますが、それ自体がコスパの良くない行為ですので、メリットとしては弱すぎるでしょう。

 

懸念点は安定性

なかなか面白いプランを出してきた楽天LTEですが、その懸念点も一応紹介しておきましょう。
楽天LTEの懸念点は、通信の安定性になるかとおもいます。
docomo網を利用したMVNOの格安SIMは、基本的にdocomoから接続可能な帯域を購入して運営しています。この帯域の数を多く購入していれば、より多くの利用者が接続して来ても安定した速度が出せます。
一方で、この購入した帯域と利用者のバランスが取れていないと、理論値では高速通信が可能でも、帯域が足らずに利用者全体の速度が下がってしまう仕組みなっています。

楽天LTEの体験談

私は楽天LTE(エントリープラスプラン)の回線を契約してから1年近く利用していますが、回線の速度に関してはおおむね満足しています。回線を契約した当初は、エントリープラスプランよりも100円程度安いエントリープランの方が、回線を利用した際の実測値が早いという情報がネットで話題になりました。

その事もあり、私の友人にエントリープランを勧めて契約してもらったのです。同じ場所で回線速度(容量超過時の通信速度)を比較したことがありましたが、違いは分かりませんでした。私の使用用途はラインの送受信、通話、グーグルマップで地図の確認、一般的なネット閲覧程度ですが、Wi-Fiの回線を利用した時に比べて僅かにもたつく程度です。

大きめの画像が含まれているページを開くと顕著な差が出てきますが、そこは他のLTE回線も同様ではないかと思うのです。

もう一つ懸念されるのは、夕方から深夜までの時間帯で回線速度が大幅に落ちるという情報について。私の使用した限りでは1月に3回程度(1時間前後)回線の遅さを感じる程度です。メールを受信するといつもの10倍程度待たされる感じです。

 

楽天LTEについては、ネット上で報告されている利用者の声を見るに、この帯域の購入量が少ないようで、全体的な速度低下の傾向が見られます。
そのため、今後も帯域購入がされないようだと、利用者だけが増えていき、速度がますます遅くなってしまうという状態になってしまいます。
この帯域購入について恐らく楽天側も、今回プランを拡充したように帯域もより多く持とうとするかもしれませんが、今のところそれほど利用者の中で変化が起きたという声は出ていません。
楽天LTEを利用検討中の方は、こうした点を理解した上で契約するか、しばらく様子見をして安定しているという評価が出て来ているようならば契約してもいいかもしれません。

関連記事

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

ビックカメラが買い切りのプリペイドデータ回線を3980円で発売!3ヶ月間500MBの通信量まで使える

ビックカメラが21日から新しい格安SIMを発売するそうです。 これまでの月額契約が必要だった格安S

記事を読む

ヤマダ電機がU-mobile*dベースのYAMADA SIMを発表!月額680円で1GBと業界最安値ではあるが・・・

ヤマダ電機が大手家電量販店の中で、ようやくMVNOの格安SIMサービスにも手を付けたようです。これま

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑