スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

公開日: : MVNOサービス, オススメ白ロム

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方法として確立しています。
毎月6000円以上取られるパケット料金が、格安SIMだと1000円前後で済むのですから、スマホの料金を節約したい方には必須の方法だとおもいます。

節約方法として認知され始めた格安SIMの運用術ですが、実際に格安SIMの契約そして白ロムを用意しようとすると、あまりの選択肢の数に一体どのサービスを選んでいいのか迷ってしまうかもしれません。
そこで今回は、節約する方法としては知っていても、どこのサービスを利用していいかわからない方に、おすすめの格安SIMと白ロムの紹介をしたいとおもいます。

格安SIMのおすすめは・・・?

今回はある意味初心者向けに、安心して使える格安SIMを選ぼうとおもいます。
今回は2台持ちということなので、データ回線専用の格安SIMを選んでみました。音声回線がついて来る格安SIMは、解約金がかかることと2台持ちを前提しているため、除外しています。同じ理由で解約金がかかる格安SIMも候補から除いています。

BIC SIM(IIJmio)

まず初心者の方にも、格安SIMを既に使っている方にもおすすめできるのは、IIJmioをベースとした格安SIMサービスです。IIJmio本体はもちろん、ビックカメラと提携したBIC SIMもIIJmioの回線を使っています。
IIJは最安プランのデータ通信量が500MBから1GBへと変わったことで、本当に隙の無いサービスになっている印象があります。
おすすめできる理由としては、通信面で信頼ができる会社であるということです。利用者の多い事業者であるにもかかわらず、速度も通信も非常に安定した速度を見せます。その他データ容量が余った分は翌月に持ち越せるなど、サービス面でも優しいところが目立ちます。
APNの設定も全ユーザー共通なので、難しく感じるところがあっても、ネット上の情報通りに設定すれば通信が可能という点もあります。

詳しくは別の記事に任せておきますが、初めてMVNOの格安SIMを使ってみようとおもう方でも、特に不満なく使える格安SIMサービスと言えます。

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

BIGLOBE 3G・LTE

BIGLOBE 3G・LTEもおすすめできるサービスの一つです。
かつては予想外の契約者数の増加により、用意していた帯域ではユーザーを捌き切れなくなり低速状態が続いたことがありましたが、その時を教訓としたのか今は非常に安定した通信が可能な事業者になっています。
既にBIGLOBEの会員の方は、700円から格安SIMを使うことができるので、BIGLOBEの光サービスや接続サービスを別に利用している方ならばいくらかオトクに使うことができます。

今のところdocomoからの接続料値下げが料金やサービスに反映されていませんが、今後他社と同様のサービス内容の拡充が期待できそうです。
IIJmioとOCNモバイルONEの2強に割ってはいることが期待されるMVNO事業者と言えます。

「BIGLOBE 3G・LTE」は業界最安級の1GBで980円&Wi2 300無料接続と白ロムにピッタリな高コスパ格安SIM

OCNモバイルONE

MVNOの格安SIMの中では、IIJと並ぶ存在感を見せるのがこのOCNモバイルONEです。
速度や通信の安定感は信頼のおけるクオリティで見せてくれます。
自分の使い方にどのプランが合うのかわからない方でも、選択可能なプランが豊富かつ変更が可能であるため、プランが気に入らない・合わなくても解約などせずに変更だけで済みます。

他のNTT関連会社との連動キャンペーンなども頻繁にあるため、光回線や050+を利用している方にはよりサービス内容が良くなる仕様になっています。

MVNO SIMの大本命!OCN モバイルONEは最もオススメしたい格安SIMの1つ

白ロムのおすすめは・・・?

格安SIMが使えるスマートフォンは実は限られています。どのように限られているかと言うと、docomoから発売されたスマートフォンか、SIMフリースマートフォン限定というものです。
docomoからスマホか、海外からや一部国内のSIMフリースマホが基本的に格安SIMが使えるスマートフォンです。

一概にdocomoのスマホ、SIMフリースマホと言ってもその種類は多岐に渡っており、どのスマートフォンを購入すべきなのかわからなくなる方もいるとおもいます。
ここでは先ほどのMVNOの格安SIM同様に、おすすめの白ロムスマートフォンを紹介したいとおもいます。

Optimus LIFE L-02E

スペックも優良、2万円前後と安めの白ロム価格と、格安SIMで使うスマートフォンとしてはピッタリな白ロムです。
大きさも片手で扱えるレベルですし、防水機能もついてくるので、幅広い場面で扱うことが出来るでしょう。
白ロム価格によってはL-01Eでもいいでしょう。安い方を購入するのをおすすめしておきます。

Optimus G L-01E、Optimus LIFE L-02Eは低価格ながら不具合の少ない格安SIM向け白ロムスマートフォン

GALAXY NOTE SC-05D

初代ギャラクシーノートです。Note2やNote3は高い白ロム価格を見せますが、初代は比較的安価といえます。
アップデートで動きが悪くなる一面もありますが、それ以外では問題なく現役で使えるスペックになっています。
若干大きめですが、2台持ちの片方としてネット専用で使うならば、この大きさはとても視認性に優れているので、ネット重視の使い方にピッタリです。

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

STREAM X GL07S

イー・モバイルからの発売ですが、SIMフリースマートフォンになっています。
格安SIMは使えますが、LTE通信が可能な周波数帯が1つしかなく、それもエリアがまだ未発達のため、3Gのみでの通信がほとんどになってしまいます。それでもスペックの割にはとてもお買い得な価格となっているため、一つの選択しとしてはありです。

GL07SはMVNO格安SIMが使える2万円以下の軽量白ロムスマートフォン

Nexus5

定価4万円ですが、Google謹製のスマートフォンです。スペックが現時点における最新に近いもので、その性能は折り紙付きです。
SIMフリースマートフォンのため、docomoやSoftBankでも使えます。
アップデートなども最新版のものが早く降って来るGoogleスマホですが、若干高めなのが問題点でしょうか。高いですがその分長く使えるため、性能のいいものを購入して長く使いたいという考えの方には最適です。

isai LGL22

Nexus5の兄弟機です。
こちらはauから発売されているため、普通の方法では格安SIMでは使えません。
ある方法を使うと、SIMロック解除ができるため、SIMフリー状態にすることで格安SIMが使えるようになり間す。手間はかかりますが、Nexus5と同じ性能でありながら価格も安く防水機能がついているため、こちらをSIMフリーにして使ったほうがNexus5よりもいいかとおもいます。

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

これらのSIMと白ロムスマートフォンを合わせれば、初心者の方でも十分利用できるかとおもいます。
これらを組み合わせてネット専用のスマホを作り、今お持ちの携帯電話をメールと電話のみのプランへ変更することで、スマホの料金、特にパケット料金を節約することができます。
選ぶべき格安SIMとスマートフォンについても今回紹介しているため、これらを使ってスマホ料金の節約をぜひ実現させてみてください。

関連記事

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。 その中にはスペックが高くてそれで

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

楽天LTEが月1000円以下で1GBまでの通信容量を実現!格安SIMの競争に殴りこみ

5つのプランが選択できて、docomoの通信網に対応したMVNOサービスの一つ「楽天LTE」が、この

記事を読む

「Xperia M」は2万円で買えてMVNOのSIMにも対応する激安Xperia

日本で人気の高いSONYのスマートフォン「Xperia」シリーズ。 実はこのXperiaシリーズ、

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

OCNモバイルOneのキャッシュバックキャンペーンは本当にお得!4ヶ月間1700円のプランが無料で使える!

今OCNモバイルOneがMVNOとしては非常におもしろい試みをしています。 携帯電話事業の中で最近

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑