ヤマダ電機がU-mobile*dベースのYAMADA SIMを発表!月額680円で1GBと業界最安値ではあるが・・・

公開日: : MVNOサービス

ヤマダ電機が大手家電量販店の中で、ようやくMVNOの格安SIMサービスにも手を付けたようです。これまで先行していたヨドバシSIMやBIC SIMの対抗策をようやく出してきたようです。
今回ヤマダ電機が世に送り出す格安SIMは、UNEXTがMVNO事業者として提供しているUmobiledがベースとなっています。名前は「YAMADA」、通称「YAMADA SIM」といったところでしょうか。
料金プラン的には業界最安値とも言える価格帯で勝負してきましたが、ヨドバシカメラが日本通信、ビックカメラがIIJmioを回線のバックボーンとしている中で、今回のヤマダ電機はバックボーン回線をU-mobileのものを使用してきました。
プランとしては魅力的な料金を提示してくれているYAMADA SIMですが、今回はバックボーン回線の問題なども紹介してみたいとおもいますので、契約の際ににひとつ参考にしてみてください。

 

月額680円でデータ容量1GBは業界最安だが・・・

今回のYAMADA SIMは、基本的にU-NEXTが提供するU-mobile*dとその中身は変わっていません。ヤマダ電機の店頭でSIMパッケージが購入できるという利点がプラスされたようなところしか、変化はないと言っていいでしょう。ヤマダ電機のポイントが溜まっている方は、SIMパッケージ代に使えるというぐらいです。
U-mobile*dがベースとなるため、1GBまでの高速通信量における月額料金は、680円になります。この価格は1GBあたりの料金としては業界最安値です。現在1GBの高速通信量が与えられているMVNOサービスでは、900円からのコースが一般的であるため、それを遥かに上回る安さになっています。

ですが、この1GBで680円のコース、実は2段階制のプラン設定(「ダブルフィックス」プラン)になっているため、1GBの通信量を超過した場合でも低速に速度制限されず、そのまま高速通信可能ながら料金プランが変更され、680円では無く1980円のプランへと自動で変更が入ります。
1GBまでの通信は680円で、それを超過した場合は料金プランが3GBまで1980円のプランへと変更され、3GB超過後にようやく128kbpsの速度制限が入るという仕組みになっています。

 

1GBの通信量は自分で管理

こうしたプランのため、680円で毎月使いたい場合は、1GBで全体の通信量を制限しておかなければなりません。
Umobileでは当初、この通信量を制御するアプリを提供するという話が出ていましたが、いまだにそのアプリや手段は出てきておらず、1GBの通信量は自分でアプリを導入するなどしてモニターしていく必要があります。
実質的に手動で通信量を見ておかないと、1GB680円のプランで運用するのは難しくなっています。
この辺りは価格に釣られないようにしましょう。

 

制限の多いバックボーン回線

こうした2段階制のプランのため、すこし嫌らしい契約内容になっていますが、通信量3GB固定のスタンダードプランは1680円で使えるなど、プランのコストパフォーマンス自体はとても高いものです。
YAMADA SIMのコストパフォーマンス自体は、ヨドバシSIMやBIC SIMよりは単純な通信量を比較した場合トップに立てる高さです。
ですが、価格面と通信量のコスパはいいものの、バックボーン回線であるU-mobile*dは、通信面で制限の多い回線となっているため快適性に欠けるという欠点があります。

元々U-mobile*d自体がDTI系列のため、回線の規制は強めです。
画像ダウンロード時には圧縮される場合が多々ありますし、一部のサイト、特にストリーミング通信を行うようなサイトでは、個別に通信制限をかけるている部分もあります。
公称150Mbpsまで速度は出ますが、良くても5Mbpsほどで速度が抑えられている印象があり、一定の早さを超えることはないというのもあります。
ネット上ではこの他にも様々な未確認の制限が報告されており、コストパフォーマンスはいいものの規制も強い格安SIMになっています。

このバックボーン回線をもつYAMADA SIMも、同様に規制がかけられていることも想像に易く、使い方によっては注意する必要があるでしょう。

 

業界最安値の月額料金を実現しているYAMADA SIMですが、その安さの裏には強い制限があることを覚悟してください。多彩な利用方法を想定している方は、バックボーン回線に信頼のおけるIIJmioを使ったBIC SIMが家電量販店系の格安SIMサービスではいいかもしれません。

関連記事

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

MVNO SIMの大本命!OCN モバイルONEは最もオススメしたい格安SIMの1つ

数多くのMVNO SIMサービスが増えています。格安SIMサービスもどんどん競争が熾烈になっており、

記事を読む

ASAHIネット LTEが月額900円で1GBの高速通信に対応したプランを発表 格安SIM業界でも最安値の部類に

インターネットプロバイダのASAHIネットが展開するdocomo網を利用したMVNO格安SIMサービ

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

「イオンのスマートフォン」が発売!Nexus4と合わせた月2980円でネットも通話もできる!買いかどうかを考える

イオンが音声通話もできる格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを発売すると日経新聞が伝え

記事を読む

ビックカメラが買い切りのプリペイドデータ回線を3980円で発売!3ヶ月間500MBの通信量まで使える

ビックカメラが21日から新しい格安SIMを発売するそうです。 これまでの月額契約が必要だった格安S

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

格安SIM「BIC SIM」の魅力 無料でWi-Fiスポット利用可能、通信容量2GBで1596円

数多くの料金プランや提供サービスが出てくるようになったMVNO事業者の格安SIM関連サービス。料金が

記事を読む

日本通信が1560円で3GBまで高速通信ができるMVNOサービス開始も、縛りが色々キツめ

日本通信が3GBまで速度制限なく利用でき、月額1560円(税込1638円)で使えるMVNOサービス「

記事を読む

OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。 IIJmioのみお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑