auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

公開日: : au関連, MVNOサービス, 白ロム知識

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。
MVNOの格安SIMにはその利用について一定のルールとも呼べる様なものが存在し、細かなそのルールを知ると、より快適により効率よく利用することができます。
ですが、格安SIMやスマートフォン、携帯電話の電波の仕組みについての詳しくて細かな内容は、掘り下げれば掘り下げるほどわかりにくくなってきますので、興味がある方以外はあえて深く知識をつける必要は無いでしょう。
ですが、根本的な知識として、格安SIMが使える/使えない条件というものは知っておくべきことかとおもいます。今回は、格安SIMを利用しようと考える方がまず最初に知るべき、auスマホとの関係を解説してみましょう。

 

auスマホで格安SIMは使えない

格安SIMを使うには、基本的に白ロムと呼ばれるスマートフォンを用意して、それにSIMを差して使うものです。
利用するSIMによって設定の仕方はすこし違いますが、大体がこの流れで利用できます。

そこで、これから格安SIMを使おうと考え、白ロムスマートフォンを探してみると、auの白ロムスマートフォンが安いことに気づくかとおもわれます。docomoと同じメーカー・タイプのスマートフォンでも、au版だと下手したら2万円ぐらいdocomo版より安く売られている白ロムスマートフォンを見つけることができます。
このauの白ロムスマホを、安いからと言ってこれ幸いと購入して格安SIMを差しても、実はauのスマホでは格安SIMの通信には対応していません。

auのスマートフォン、というよりもauの携帯電話がなぜ格安SIMを使えないのかというと、auの通信方式と格安SIMが対応する通信方式が違うからです。
基本的に格安SIMが使えるのは、docomoやSIMフリーのスマートフォンで、こちらは通信方式がWCDMAという規格を採用しています。
一方で、auの場合ですとこの通信方式は、CDMA2000という方式を採用しています。
同じ通信に関する規格ですが、その通信方式は異なったものであるため、格安SIMをauのスマホにいれても通信することは出来ないのです。

格安SIMが使えるのは、WCDMA方式のdocomoのスマホかSIMフリースマホです。auのスマホでは使えません。
これをこれから格安SIMを使おうと考えている方は覚えておいてください。

 

SIMフリースマホにau回線のSIMは使えない

これと同じで、通信方式が違うために、SIMフリースマホを買ってauのSIMを使うということは出来ません。
auのスマートフォンが高いから、SIMフリースマートフォンを購入してauのSIM差して使おう、という考えを節約方法として思いつく方もいるとおもいますが、auの場合、先ほど説明した通信方式の違いから、auのSIMとその回線で使えるのはauから出ているスマートフォンのみとなります。

SIMフリースマートフォンで使えるのは、docomoのSIM、MVNOの格安SIM、SoftBankのIMEI制限の無いSIM契約です。auの回線では通信規格が対応していないので使えません。

 

例外もある

ここまで口を酸っぱくしてauの端末で格安SIMやdocomoの回線は使えないと言ってきましたが、実は僅かではありますが、例外的にdocomoや格安SIMで使えるauスマートフォンがあります。

それが、グローバルモデルを採用した一部のauスマホです。
グローバルモデルとは、海外のメーカーが日本以外にも多くの国で販売しているスマートフォンです。
主に海外では、docomoが採用するWCDMAの通信規格を採用している会社が大半です。ですので、海外でも売られているモデルがauで売られる時は、このWCDMAの通信が可能な機能を内蔵したままau版に調整されて発売されることがあります。
そのため、この機能をうまく蘇らせることが出来れば、auのスマートフォンなのに格安SIMやdocomoの回線が使えるようになります。

こうした端末は主にHTCやLGといったメーカーのスマートフォンが該当します。
過去ではLG製のスマートフォン、LGL22をSIMロック解除して格安SIMで使う方法を紹介しました。
LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム | 白ロム大辞典
このように、一部の端末においては例外的ではありますが、au以外の回線を使うことができます。

 

以上がauのスマートフォンと格安SIMの関係、SIMフリースマホとau回線の関係についてです。
格安SIMやSIMフリースマートフォンを使う上では、基本的で非常に重要な知識であるため、これらのことはしっかりと覚えておきましょう。

関連記事

Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっ

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

楽天LTEが月1000円以下で1GBまでの通信容量を実現!格安SIMの競争に殴りこみ

5つのプランが選択できて、docomoの通信網に対応したMVNOサービスの一つ「楽天LTE」が、この

記事を読む

OCNモバイルONEが高速データ通信量をアップ!1日で50MBや80MBまで高速通信が使えるプランを発表

ここ最近MVNOサービス全体で新たなプランやお得な価格の提供が目立っています。 IIJmioのみお

記事を読む

ぷららモバイルLTEが50MB/日の格安プランを提供開始!従来と合わせて3つのプランが選べるように

NTTぷららが4月から新プランの提供を発表しました。 これまで定額制と2段階定額制の2つのプランを

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

MR03LNとOCNモバイルOneのセット販売が安い!2万2785円でモバイルWi-Fiルーター本体とSIMカードがセットに

格安SIMと高性能ルーターのセットがかなり安い価格で売られています。 現在、国内のSIMフリールー

記事を読む

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑