格安SIMが使えてハイスペック、3万円で買えるG2 L-01Fは白ロムとして良い物が欲しい方には買いな端末

公開日: : docomo関連, オススメ白ロム

これまで様々な格安SIM向けのスマートフォンを紹介してきました。
その中にはスペックが高くてそれでいて安い、とてもお買い得なスマートフォンがいくつかありました。
今回紹介するスマートフォンも、こうしたスペックが高くて安めのスマートフォンの一つになりますが、このスマートフォンが現時点で最も性能と価格のバランス、いわゆるコストパフォーマンスが高い現時点で最もお買い得な白ロムスマートフォンになるかもしれません。

今回はそうした安いのに性能が最高クラスの白ロムスマホ、LG G2 L-01Fについて紹介しようとおもいます。

 

スペック

まずはG2 L-01Fがどのようなスマートフォンなのかを紹介しましょう。
G2 L-01Fは2013年11月に発売されたグローバルモデルのスマートフォンです。docomoのみならずいろいろな国のキャリアから発売されたLGのフラグシップスマートフォンです。
CPUにS800/RAM:2GB/5.2インチFullHD/1320万画素のカメラを備えており、性能的には何も問題が起こることのないレベルです。GoogleのNexus5のベースになっているスマートフォンですので、性能は本当に折り紙付きと言えます。

 

SDカードがアダプター経由

まずはG2 L-01Fのデメリットから紹介しましょう。
G2 L-01Fにはスペック上での問題点はほとんどありませんが、唯一の弱点と言えるのがSDカードに本体だけでは非対応ということです。
兄弟機となるNexus5と同じように、基本的にデータの保存に外部の記録メディアは利用出来ず、内部のストレージのみが利用可能です。
内部の記録容量は、32GBとなっていて、容量的には十分ではありますが、大画面のFullHDという高画質な映像を楽しめる仕様のため、映像メディアを残していくと容量が足らなくなってしまうのも可能性としてあります。

一応、SDカードには対応してはいるのですが、その方法が外部からアダプターを経由しての接続という形になり、スリムさとは無縁の非常に古いつなぎ方になっています。
データを沢山スマートフォンにいれておきたいという考えの方は、32GBという容量と外部SDという手法では不満が出るかもしれません。

 

性能は一級品、なのに3万円の白ロム価格

SDカードの問題こそありますが、それ以外では本当に不満の出にくいトータルで使いやすいスマートフォン端末です。
先日紹介したisai LGL22、SIMフリースマホとして世界的に売れているNexus5の兄弟機になっているため、その性能は確かなものです。ヌルヌルサクサクの動作は当然といったもので、スペックが要求されるゲームアプリなども難なく動かせることができます。
isaiのように防水防塵はなく、Nexus5のようにSIMフリーにするにはdocomoショップで公式SIMロック解除をする必要がありますが、isaiのようにdocomoやSoftBankのSIMで通話に問題が出るというようなこともありませんし、Nexus5と同じ機能でも安いという特徴があります。

G2 L-01F docomo [Indigo Black]

新品価格
¥30,750から
(2014/4/14 15:45時点)

性能的には一級品の能力を持つスマホが、白ロム価格で3万円ちょっとで買えるのは、破格であると言って良いでしょう。同じスペックをもったスマホがどれも4万円以上する中では、飛び抜けてお買い得さが違います。

格安SIMも白ロム購入後にAPNを設定するだけですぐに使えるようになりますので、isaiよりも簡単です。現在格安SIMが使える高性能なスマートフォンとしては、群を抜いたコストパフォーマンスになっています。
格安SIM用のスマートフォンを購入検討の方で、しっかりしたいいスマホをある程度お金を出して買いたい、という方には3万円ちょっとで済む非常に高性能な端末がこのG2 L-01Fになります。

関連記事

Wi-Fi STATION L-02FはMR03LNと双璧をなす最新高機能Wi-Fiルーター SIMロック解除をすればauやSoftBankのLTEへ接続可能

docomoから発売されているLG製モバイルWi-FiルーターL-02F。 docomoおよびMV

記事を読む

GALAXY Note SC-05Dの白ロムは安いのに大画面かつサクサク動作でオススメ マンガ用にも

docomoから発売されていて、性能の良いスマートフォンというのは、発売から時間が経っていても白ロム

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」(マイネオ)。 月980

記事を読む

GL07SはMVNO格安SIMが使える2万円以下の軽量白ロムスマートフォン

イー・モバイルから発売されたスマートフォンであるSTREAM X GL07Sの白ロム価格が2万円以下

記事を読む

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑