白ロムスマホ(特にiPhone)の高額買取を行うショップ

公開日: : 白ロム知識

今まで、白ロムを買うことばかり見てきましたが、今回の話題は白ロムを売ることについて紹介しましょう。
白ロムを買うのはわりとどこも相場が同じなので、数百円〜数千円の違いしかその価格は変わりません。ですので、Amazonや楽天なんかのトラブル後の対処が簡単な店や、赤ロム交換に応じてくれるじゃんぱらなどがおすすめです。
一方で、白ロムの買取については、相場はある程度決まってはいるものの、本当にピンからキリまで買取価格に差があるのがこの業界です。店によっては買取価格に差がありすぎるため、しっかりリサーチしないと損をしてしまいます。
白ロムスマホを売る場合は、如何に高く売るかというよりも、如何に買い叩かれないようにするかが大事です。

今回は、変な店に買い叩かれないようにするため、比較的高額な買取価格を提示している携帯買取ショップを紹介したいとおもいます。都内の店に偏ってますが、郵送買取をしているところもあります。

 

安く買い叩く傾向にある店

まずは高額買取とは無縁の、安く買い叩く店について覚えておきましょう。
あくまで傾向といった程度ですが、おすすめができない店です。

  • BOOKOFF
  • ゲオ
  • 一歩下がってソフマップ

このあたりがおすすめできない店です。BOOKOFFやゲオは発売されたばかりのスマートフォンを、2万円ぐらいで買い叩きます。相場とか無視で本当に安い買取価格をつけてきます。
ソフマップは一応この2つよりはマシで、最新の端末や珍しい端末は高く買ってくれます。ですが、一定の在庫がある端末や、安売りされて価値の下がった端末は本当に安く買い取りされてしまう極端な面があります。

この2つ+1へ売りにいくよりも、これから紹介する店のほうが高く買い取ってくれることが多いので、利用する時は本当に特別な事情の時だけにしましょう。

 

安心の大手買い取り店

大手で買取価格が高く、比較的安心安全な買取店を紹介します。それがこの2つです。

  • イオシス
  • じゃんぱら

国内でも大手と呼べるぐらいの店です。イオシスは秋葉原中心の店ですが、通信買取も対応し、買取価格も高めです。新品と中古の価格がはっきりと表示されているので、わかりやすいです。
じゃんぱらはイオシスほどの買取価格は出しませんが、中古の買取も提示されている買取価格のMAXで買い取ってくれます。

ここらは安心して買取に出せる店だとおもいます。

 

高く売れて一応安全かもしれない店

次は安心感や安全度だとイオシスやじゃんぱらよりも下ですが、比較的高く買い取ってくれるところです。それがこの2つかとおもいます。

  • ヤフオク!
  • モバイルヘッド

ヤフオク!を紹介するのは反則のようですが、その時の買取相場の最大値に近い価格で買い取ってくれることがほとんどです。変な落札者にあわないように気をつけておけば、比較的問題なく取引できるでしょう。
モバイルヘッドというのは、秋葉原にある個人の買取店です。ここの店は買い取ったスマートフォンを海外に売るため、買取価格が高くなってます。海外に売られるのは不安ではありますが、高く買い取ってくれ、さらに一応店主さんが日本人なので、このあと紹介する店よりも少しは安心感があります。
ブログに書かれているのは新品状態の買取なので、中古で売る場合は電話して聞いたほうがいいでしょう。大体イオシスの中古と同じ価格ですが。

 

高く売れるが怪しすぎる店

ここからは、モバイルヘッドのように新品状態のスマホを非常に高く買い取ってくれるものの、怪しさが過ぎる店を紹介しましょう。

  • ケータイマップ
  • 携帯買取商店
  • 白ロムミラ
  • トゥインクルモバイル
  • 海峡通信
  • ゴールドラベンダー
  • などなど

これらの店は、先のモバイルヘッドと同様に、海外へとスマートフォンを売りに出す店なので、新品状態のスマホの買取価格が非常に高いです。
ですが、今回ここで紹介している店、そして似たような店も全てが外国人の方による運営がされています。
そのため、ときおり日本語での意思疎通が出来なかったり、電話越しでの問い合わせも通じないこともあります。個人情報の管理もどこまでやっているのかというのも不明ですし、店の場所もマンションの一室なんてところも普通なので、怪しさが強すぎる店ばかりです。
買取価格は新品状態のものなら本当に相場最高値で買い取ってくれますが、個人情報などの管理が不安におもう方にはおすすめ出来ません。

中古や新品状態のものを売ろうとお考えで、安全に買い取ってもらいたい方はイオシスやじゃんぱらが安心で高額買取してくれます。個人店でも良くて高額買取を期待したい場合は、モバイルヘッドがいいでしょう。徹底して高額買取を希望したい方は、怪しい外国人さんの店が理想かとおもいます。

関連記事

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

docomoの白ロムの動きが重い時はパレットUIを変更して軽くしよう

docomoの白ロムスマートフォンは、auやSoftBankのスマートフォンと比べても使い勝手のいい

記事を読む

SIMフリーWi-Fiルーター「GL06P」はdocomoや格安SIMで使える!安くて大容量バッテリーのオススメルーター

イー・モバイルから発売されているWi-FiルーターにGL06Pというものがあります。本来はイー・モバ

記事を読む

白ロムスマートフォン購入時に注意したい「赤ロム」の存在

時折中古の、あるいは新品のスマートフォンが信じられないような値段で売っていることがあります。 こう

記事を読む

白ロムの使い方 Wi-Fi運用とMVNO SIM運用について

白ロム運用という方法をご存知でしょうか。 新品だと7万円や8万円ぐらいするスマートフォンですが、中

記事を読む

MNP弾になるMVNO回線について(スマホ電話SIM、So-netモバイルLTE+Talk、みおふぉん)

MVNOの格安SIMの中には、音声通話に対応したプランが含まれています。 各社現在はdocomo網

記事を読む

auスマートフォンで格安SIMは使えない/SIMフリースマホはau回線では使えない

格安SIMに興味をもっているけど、その仕組みについては詳しくないという方もいるとおもいます。 MV

記事を読む

SoftBankのスマートフォンを売る前の作業 ネットワーク利用制限を「○」にする方法

  SoftBankのスマートフォンを売ろうと思った場合、他の会社のスマートフォンと

記事を読む

白ロムスマホ購入時の注意点 IMEIの一致、赤ロム化の確認、保証期間の把握

白ロム購入時の注意点を今回は紹介しましょう。 白ロムを購入する際に注意しているのはどういうところで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑