G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

公開日: : au関連, docomo関連, オススメ白ロム

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高のコストパフォーマンスを見せるのはG2ベースのスマートフォンになるかもしれません。
日本にはいくつかの「LG G2」をベースにしたスマートフォンが発売されており、そのどれもが安売りをされています。

日本におけるLG G2ベースのスマートフォンは3種類あります。
一つはdocomoから発売されたLG G2 L01Fです。LG G2をそのまま販売しています。
もう一つはauのisai LGL22です。防水機能がつけられたauオリジナルモデルです。
その次がGoogle直販あるいはイー・モバイルから出ているNEXUS5です。Android4.4を搭載したネクサスシリーズとして出ています。

これらの3機種が「LG G2」をベースにして開発されたスマートフォンです。このG2ベーススマホは何の因果かわかりませんが、そのどれもが安売りをされていたため、白ロム価格の相場が崩壊、スペックを考えるとありえないレベルの値崩れを起こしており、とても安く購入できるようになっています。
これらの白ロムスマホがつけるその価格は、2014年前半の現在において、最もコストパフォーマンスのいいスマートフォンになっています。
2014年後半にもこのようにハイコスパの白ロムが出るかわかりませんが、2014年前半においては一番買いな白ロムスマートフォンであると言えるでしょう。

スペック

スペックは基本的なところが共通なのでまとめて紹介しちゃいます。

  • CPU:Snapdragon800
  • RAM:2GB
  • 解像度:1080×1920 FullHD
  • 5.2インチor5インチ

こうした基本的な性能にそれぞれ独自の要素をプラスしてます。

docomo、G2 L-01F

まずはdocomoのG2です。グローバル展開するオリジナルなG2とほぼ同一の仕様になっています。
全てのG2ベーススマホに共通して言えることですが、どれも性能が高く、いわゆるヌルサクな操作性となっているため、利用していても非常に満足いく出来かとおもいます。
docomo版はAPNの設定だけで格安SIMが使えます。さらに、SIMロック解除をすることで、一部のSoftBankSIMを使うことが出来ます。

白ロム価格は2万8000円ほどです。先ほどのスペックと比較すると衝撃的な安さです。非常にコストパフォーマンスの高い、格安SIMも使える良スマホと言えます。

G2 L-01F docomo [Lunar White]

新品価格
¥25,880から
(2014/4/19 22:33時点)

 

au、isai LGL22

こちらはauオリジナルモデルです。スペックそのままに防水仕様にしています。
auのスマートフォンですが、SIMロック解除が出来ます。
SIMロック解除したLGL22は格安SIMのデータ通信が利用出来ます。SoftBankも同様に使えます。
ただし、音声通話については着信に失敗するなどの不具合があるようです。SIMロック解除したLGL22はデータプランでの利用がいいでしょう。

白ロム価格は3万円ほどです。SIMロック解除に1000円ほどかかりますので、その費用を考えると高めになるでしょうか。データ専用の防水ハイスペックが欲しい方にはこれがおすすめです。

isai LGL22[LGL22SWA] ホワイト 白ロム

新品価格
¥27,390から
(2014/4/19 22:33時点)

 

EMOBILE、NEXUS5

こちらはGoogleからの発売となったGoogle NEXUSシリーズの最新モデルである5インチスマートフォン、NEXUS5です。
イー・モバイルから、あるいはGoogle Playからの販売で購入出来ますが、白ロムとしてもほんの少し安くなって登場しています。
NEXUS5はAndroid4.4という最新のOSを搭載したモデルで、今後も新しいOSが登場するたびに最速でのアップデートに対応する仕組みになっています。
最新のAndroidOSを利用したい方には最も適したモデルになります。その代わり他のG2ベーススマホに比べると高くなってしまいます。

白ロム価格は3万8000円ほどと、Google Playから直販購入するのと変わりのない価格です。

白ロム イーモバイル版 Nexus5 16GB EM01L(LGD821) ホワイト

新品価格
¥37,000から
(2014/4/19 22:34時点)

スペックをみると64bit化をするまでは確実に最前線で使い続けられる充実の内容です。それでいて全端末SIMフリー化ができ、格安SIMなどの利用が可能なものになっています。
NEXUS5は高いですが、G2とLGL22はコストパフォーマンスが高い最良の白ロムの1種と言えるはずです。
とりあえず今2014年前半にしっかりしていてしかも安い白ロムが欲しい場合は、このG2ベースの白ロムスマホをおすすめします。

関連記事

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハイスペックなら大画面のスマホを

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

13年夏モデルの中では安いdocomo Optimus it L-05Eは、コンパクトかつ大画面を実現した1台持ちに最適な白ロムスマホ

docomoが2013年の夏モデルとして発売したスマートフォンは、どれもが性能のいいスマートフォンに

記事を読む

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリー端末かdocomoから出てい

記事を読む

BIGLOBEの「Wi-Fiほぼスマホ」は本当に安くてお得なのかを考えてみた

BIGLOBEがMVNOサービスの新たな展開として、自社側でMVNOの格安SIMとスマートフォン端末

記事を読む

1万円台で買えるおすすめ白ロムスマートフォン 【Wi-Fi運用向け】

日本においてスマートフォンという存在が認知されてからかなりの時間が経ちました。 今では本当に多くの

記事を読む

スマホ代を節約するガラケー&格安SIMスマホ2台持ち!格安SIMと白ロムのオススメの組み合わせを考えてみた

このサイトでも紹介していますように、MVNOの格安SIMと白ロムの組み合わせは、スマホ代を節約する方

記事を読む

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

LGL21、LGL22はWi-Fi運用だけでなくSIMロック解除でdocomoや格安SIMが使える2~3万円の白ロム

auから発売されているスマートフォンは、基本的にau回線かWi-Fiでしか使えません。 docom

記事を読む

1万円の白ロムスマホARROWS S EM01FはWi-Fi用のおもちゃとしては値段以上の快適さ

現在イー・モバイルから純新規一括0円で投げ売りされ、通信費も2515円で済むということで契約付きの端

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑