docomoや格安SIMで使えるSIMフリーXperia Z Ultraが新品で5万円に

公開日: : オススメ白ロム

海外からのSIMフリースマートフォンを取り扱っている通販サイトがあります。エクスパンシスというお店です。
こちらでは、海外から輸入購入という形で、日本では未発売のスマートフォンやSIMフリースマートフォンを販売しています。
Xperia Mの時にも紹介しましたが、ミドルスペック級でMVNOの格安SIMが使えるスマートフォンを購入しようとする場合は、下手なdocomo端末を買うよりも、こちらで海外の2、3万円のSIMフリースマートフォンを購入したほうが満足度は高いかとおもいます。

今回紹介するのは、格安SIMが使える海外のSIMフリースマートフォンになるのですが、一応日本でも発売されているスマートフォンです。Xperia Z Ultraと呼ばれる、S800/RAM:2GB/FullHD/防水防塵の非常に高性能なファブレットです。
スマートフォンとタブレットの中間に位置する端末です。国内ではauから発売されている影響で、格安SIMは使えません(文鎮化の危険性がある改造をすることで一応SIMフリーには出来るようですが)。

国内販売モデルの場合は、auで使うかWi-Fiで使うかしか選択肢のなかったXperia Z Ultraですが、海外SIMフリーモデルを購入すれば、docomo網を利用した格安SIMでの通信が可能になります。そしてそのSIMフリーモデルが、今エクスパンシスで安価に売られているのです。

 

Xperia Z Ultra LTEモデルが5万円以下

エクスパンシスで売られているXperia Z UltraのSIMフリーは、LTEに対応したモデルで5万円を切る価格をつけられています。
国内ではWi-Fi版が4万7000円ほどの価格をつけられていますので、わずか数千円で3G・LTE回線にも対応できるというのはお買い得と言えるでしょう。
3G版は4万6000円近くになっていますが、これだけLTEの環境が広がった日本で、あえて3G版を購入することは無いかとおもいます。ここはあえて安さを捨ててでもLTE版を購入することをオススメします。3GもFOMAハイスピードには対応していないので厳しいでしょう。

[海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

 

タブレット並みの大きさなのに、スマホ並みの軽さ。2台持ちに最適

Xperia Z Ultraの魅力は高いスペックを持ったファブレット、見やすい大画面液晶、なのに驚くほど軽い本体、というところにあるでしょう。
Xperia Z UltraはS800/FullHD/RAM2GB/防水防塵/6.4インチ/212gというスペックです。S800という最新のCPUを搭載しており、動きには全く問題はありません。注目なのはこれだけのスペックかつ大画面を擁しながら、重さがわずか212gというところです。
6.4インチという大きさは7インチ級タブレットに近い大画面を持ちますが、その重さ212gというのは7インチタブレットの代表格Nexus7の299gと比較すると本当に軽い端末だと言えます。

この軽さはタブレットとガラケーの2台持ちを検討している方にもいいかとおもいます。軽くてサイズも7インチよりスッキリしているため、胸ポケットに入る大きさですし、かばんに入れても重さも気にならないかとおもわれます。

高性能かつ5万円以下というXperia Z Ultraの海外版は、格安SIMで利用するタブレット級端末として非常にお買い得かとおもいます。
au版に特に拘りが無いようであれば、こちらの海外版のXperia Z Ultraがいいでしょう。

関連記事

Wi-Fi運用にオススメしたいauの初期LTEスマホ Xperia VL SOL21、SHL21、FJL21

auのスマートフォンは白ロムの価格が、docomoのスマートフォンに比べるととても安い価格設定になっ

記事を読む

iPhone 5cの白ロムが40,000円割れへ Wi-FiやMVNO用への用途も可能

現在、MNPの購入においては0円どころかキャッシュバックという現金還元がされてしまっているiPhon

記事を読む

Wi-Fi運用スマホに新顔206SHが参加 白ロム価格1万8000円と安い

ここ最近はWi-Fi運用が可能なauやSoftBankの国内メーカースマートフォンの白ロムが安く買え

記事を読む

「Xperia M」は2万円で買えてMVNOのSIMにも対応する激安Xperia

日本で人気の高いSONYのスマートフォン「Xperia」シリーズ。 実はこのXperiaシリーズ、

記事を読む

MVNOの格安SIMにも使えるオススメのモバイルWi-Fiルーター

今回は安くて性能のいいルーターを紹介したいとおもいます。 最近はMVNOの格安SIMサービスが

記事を読む

HTC J butterfly HTL21の白ロムが2万円台に突入中 Wi-Fi運用向けにオススメ

auの2012年冬モデルの人気機種HTC J butterfly HTL21の白ロムがついに2万円台

記事を読む

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高のコストパフォーマンスを見せるの

記事を読む

Optimus G L-01E、Optimus LIFE L-02Eは低価格ながら不具合の少ない格安SIM向け白ロムスマートフォン

MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンの中で、比較的不具合が少なくて、それでいて性能の良さと 白

記事を読む

Aterm MR03LNはMVNO格安SIMとのセットが魅力な高機能Wi-Fiルーター

NECがSIMフリーWi-Fiルーターの歴史を築く素晴らしい製品を発売しています。 その製品はAt

記事を読む

意外と不具合の少ない「ARROWS V F-04E」は格安SIM向けの白ロムとしてお買い得なスマホ

MVNOの格安SIMを使うのに適したスマートフォンとしては、現在性能・価格面どちらを合わせてもSH-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高性能スマホの白ロムが安い 「SC-02F,SO-02F,SH-01F」が3万円台

docomoから発売されている2013年最新冬モデルのスマートフォンが

auのMVNO格安SIM「mineo」に対応した白ロムを2万5000円以下の値段でピックアップ

auのMVNOがケイ・オプティから始まりました。その名も「mineo」

SIMロック解除ができるARROWS A 301Fは格安SIMも使えるSoftBank端末

現在、MVNOの格安SIMが使えるスマートフォンというのは、SIMフリ

L-05EとSH-07Eの白ロムが3万円以下に!ハイスペック5インチ未満の小型スマートフォン

  これまでの白ロムスマートフォンのおすすめ端末は、ハ

G2ベース(L-01F/LGL22/NEXUS5)のスマホが2014年前半の白ロム界の買い端末!

2014年前半に良い白ロムスマートフォンを購入しようとした場合、最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑